MINI世界販売が4年ぶりに回復、EVが倍増 2021年

  • MINI クーパー SE 改良新型
MINIは1月12日、2021年の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は30万2144台。前年比は3.3%増と、4年ぶりに前年実績を上回った。

MINIは2019年7月、MINIハッチバックのEV、MINI『クーパーSE』を欧州で発表した。2021年は、全世界で前年のおよそ2倍の3万4851台を販売している。MINIの顧客の10人に1人以上が、同車を選択したことになる。

また、2021年の世界新車販売では、全体の約17%が電動パワートレイン車に。これには、MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』に相当)のプラグインハイブリッド車(PHV)、『クーパーSE ALL4』が含まれる。

2021年の市場別実績では、米国が2万9930台を販売した。前年比は6.4%増と堅調だった。日本は前年比9.8%減の1万8211台を登録した。外国メーカー車モデル名別新車登録台数ランキングにおいて、6年連続で首位となった。なお、2位のフォルクスワーゲン『T-クロス』の9159台との差は、9049台だった。


  • MINI クーパー SE 改良新型
  • MINI カントリーマン(MINI クロスオーバー)改良新型のPHV
  • MINI 5ドアハッチバック
  • MINI クラブマン

[提供元:レスポンス]レスポンス