ボルボ 60/90シリーズ、PHEVの性能向上…EV航続距離が2倍に

  • ボルボ S60 PHEV T6 インスクリプション
ボルボ・カー・ジャパンは、『60シリーズ』と『90シリーズ』のプラグインハイブリッド(PHEV)モデル5車種のパワートレーンを一新し、1月13日より販売を開始した。

対象となるのは、ボルボの中・大型車用プラットホームとなるSPA(スケーラブルプロダクトアーキテクチャ)を採用している『S60』、『V60』、『XC60』、『V90』、『XC90』の5車種となる。

ボルボのPHEVでは、2016年の導入以来初の大幅刷新となり、エンジン、モーター、バッテリーのすべてを一新。駆動用リチウムイオンバッテリーは充電容量を従来から約60%増となる18.8kWhとすることで、EVモードにおける航続距離の大幅な伸長を図っている。ピュアモードでのEV航続距離は最長で約70km~90km(欧州参考値)となり、現行モデルのほぼ2倍を実現。近距離ドライブではEVとして利用可能な範囲が大幅に拡大し、長距離ドライブでのエンジンを併用したハイブリッドモデルとして利便性とともに魅力を高めている。

また、2.0リットル4気筒ターボエンジンは、さらなる高効率とドライバビリティの改善を目的に、従来搭載していたスーパーチャージャーを廃止。組み合わせるCISG(クランクマウンテッドインテグレーティドスタータージェネレータ)の出力を向上し、全域での性能を高めている。そして、リアに搭載された駆動用モーターの出力を従来比約65%アップとなる107kWとすることで、EV走行時の俊敏でパワフルな電動走行と、優れた回生ブレーキ性能を実現。出力レベルは2種類設定され、「T6」は合計出力で350ps、「T8」は462psとなる(いずれも参考合算出力値)。

また、今回のパワートレーンの刷新を機に、XC60には新たにT6パワートレーンを採用。より購入しやすい価格を実現している。

価格はS60およびV60のエントリーモデル「インスクリプション エクスプレッション」が694万円、「インスクリプション」が809万円。XC60は「インスクリプション エクスプレッション」が799万円、「インスクリプション」が914万円。V90は1034万円、XC90は1149万円。


  • ボルボ S60 PHEV T6 インスクリプション
  • ボルボ PHEVモデル
  • ボルボ V60 PHEV T6 インスクリプション
  • ボルボ XC60 PHEV T6 インスクリプション
  • ボルボ V90 PHEV T8 インスクリプション
  • ボルボ XC90 PHEV T8 インスクリプション
  • ボルボ XC90 PHEV
  • ボルボ XC90 T8
  • ボルボ XC60 PHEV パワートレイン
  • ボルボ XC60 PHEV パワートレイン
  • ボルボ XC60 PHEV パワートレイン
  • 価格表

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road