三菱がラリーアートコンセプトを公開、復活第1弾のパーツも披露…東京オートサロン2022

  • 三菱自動車 ヴィジョンラリーアートコンセプト(東京オートサロン2022)
三菱自動車は1月14日、東京オートサロン2022でモータースポーツブランド『ラリーアート』が開発したパーツを『アウトランダーPHEV』に装着した『ヴィジョンラリーアートコンセプト』を世界初公開した。

三菱自動車の商品広報担当マネージャーを務める川本裕介氏はヴィジョンラリーアートコンセプトについて「今後ラリーアートが目指していきたい可能性のひとつを探るコンセプトカーで、電動技術と四輪制御技術という三菱自動車の強みを活かしながら、最大限の走りを追求した」と解説する。

ヴィジョンラリーアートコンセプトはブラックマットの専用ボディーカラーが施され、フロントにはワイドで張り出した専用バンパーを始め、シャッターグリル、デュフューザーを装着、サイドは張り出したフェンダーに加え、「砂埃を上げて走っていくラリーシーンを現代的な解釈でデジタライズしたデザイン」(川本氏)のサイドデカールが施されている。また足回りは「22インチ大径タイヤ&ホイールを装着するとともに、ブレンボの6ポッドを採用しブレーキ性能を強化している」という。

ヴィジョンラリーアートコンセプトはあくまでもコンセプトカーのためパーツの市販化の予定はないとのことだが、三菱のブースではタイに続いて日本市場でも3月から復活するラリーアートのパーツを施した2台のモデルも展示されている。

タイでのラリーアートブランドは、現地モデルの『トライトン』および『パジェロスポーツ』の特別仕様車として復活を遂げたが、日本市場では「アフターパーツ、単体アクセサリーとして3月から販売を開始する。純正アクセサリー用品と同等の扱いになるので、保証もついてくる」と川本氏は語る。

市販が予定されているラリーアートパーツはアウトランダーPHEVおよび『エクリプスクロス』にそれぞれ装着され、一部は価格も公表されている。なお川本氏によると参考出品となっているサイドデカールは「タイではかつてのラリーアートをイメージするような大き目のものをどーんと入れているが、日本市場向けにはラリーアートの復活に合わせて、アウトランダーとエクリプスクロスに合うような現代的なデザインを改めて作製した」とのことだ。

[提供元:レスポンス]レスポンス