ランボルギーニ ウラカン のレーサー、「エボ2」に進化…欧州発表

  • ランボルギーニ・ウラカン GT3 エボ2
ランボルギーニは5月3日、新しいレーシングカーの『ウラカンGT3エボ2』(Lamborghini Huracan GT3 EVO2)を欧州で発表した。市販モデルの『ウラカンSTO』をベースにしたレーシングカーとなる。

六角形のエアスクープとリアのフィンは、市販モデルのウラカンSTOから派生したもの。このエアスクープは、従来のサイドエアインテークに代わるものだ。これにより、空気がエンジンに直接送られるようになり、ドライバーの求めるレスポンスが向上するという。

フルカーボンファイバー製のボディは、ランボルギーニのデザイン部門の「チェントロ・スティーレ」と共同開発され、筋肉質のデザインが特長だ。新設計のスプリッター、ディフューザー、アンダーボディは空力性能を高める。また、カーボンファイバー製のフロアと新デザインのディフューザーが、ウラカンGT3エボよりも大きなダウンフォースを生み出す。また、リアウイングは、ウラカンSTOに触発されたデザインで、アルミ製ピラーに取り付けられた。ウラカンGT3エボと比較して、リアウイングの角度調整の精度が向上しているという。

ブレーキシステムは、耐久レースとスプリントレースの両方でパフォーマンスを発揮するために、スクアドラ・コルセによって新設計され、新しいキャリパーとパッドを採用している。


  • ランボルギーニ・ウラカン GT3 エボ2
  • ランボルギーニ・ウラカン GT3 エボ2
  • ランボルギーニ・ウラカン GT3 エボ2

[提供元:レスポンス]レスポンス