フィスカー新型EV『PEAR』、スケッチ公開…2024年から米国で生産へ

  • フィスカー PEAR のスケッチ
フィスカー(Fisker)は5月12日、新型EV『PEAR』のスケッチを公開した。2024年から米国オハイオ州の工場で生産する予定だ。

PEARは、『オーシャン』に続くフィスカーの2番目の市販モデルになる。PEARとは、「パーソナル・エレクトリック・オートモーティブ・レボリューション」の略だ。フィスカーによると、PEARはデザインやインテリアの機能性、コネクティビティなどのユーザーエクスペリエンスの面で、新基準を標榜。独自のデザインと革新性を備えているという。

また、PEARは、コンパクトな5人乗りの都市型EVになる。コンセプトは、「アジャイルなアーバンEV」だ。持続可能性やテクノロジー、デザインをデジタル接続させ、PEARに融合する。直感的なコントロール、スポーティな走行性能、豊富なストレージスペース、そして自動車業界初の装備を採用するという。米国でのベース価格は2万9900ドル(約385万円)を下回る予定だ。

フィスカーは2024年から、パートナーとフォックスコンと共同で、PEARを米国オハイオ州の工場で生産する計画。当初、年間25万台以上のPEARを組み立てることを目指す。PEARは新設計のアーキテクチャをベースとし、このプラットフォームからは、さらに2つの新型モデルが登場する予定、としている。


  • フィスカー PEAR のスケッチ
  • フィスカー PEAR のティザー写真
  • フィスカー PEAR のティザー写真
  • フィスカー PEAR のティザー写真

[提供元:レスポンス]レスポンス