三菱自動車、アウトランダーに搭載の最新技術を紹介予定…人とくるまのテクノロジー2022

  • 三菱自動車ブースイメージ
三菱自動車は、5月25日から27日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2022」に出展、『アウトランダー』に搭載した新技術を紹介する。

今回はリアル展示会のほか、オンライン展示会「人とくるまのテクノロジー展 2022 ONLINE STAGE 1」も5月31日まで開催。「熱い思いで切り拓こう! カーボンニュートラルへの道」をテーマにハイブリッドで行われる。

三菱自動車はアウトランダーに搭載した特長技術として、環境にやさしいプラグインハイブリッドEV(PHEV)システム、安全・安心で愉しい走りを提供する車両運動統合制御システム「S-AWC」、新しいプラットフォーム、三菱自動車のPHEVで初めて3列7人乗車を可能としたパッケージングや先進安全装備を紹介する。

三菱自動車の展示物は、「新世代PHEVシステム」「車両運動統合制御システム S-AWC」「新開発のプラットフォーム」「パッケージング」「進化した先進安全装備」の5カテゴリー。リアル展示会ブースでは、実車を見ながら技術ポスターおよびオンライン説明員を中心に分かりやすく解説、オンライン展示会では各技術の解説動画に加え、開発者が走行映像とデータを通して、込めた思いを語る解説動画などを配信。また、PHEVシステムの3次元データを用い、自由に回転・拡大・縮小できるデジタルPHEVシステムを出展する。

新世代PHEVシステム
PHEVコンポーネントを刷新し、従来車からEV航続距離を延長、EVらしい加速感を向上。フロントおよびリヤモーター、駆動用バッテリーの出力を約40%高めることで、EV走行の領域を拡大した。フロントモーターはジェネレーターとともにマグネット配置や巻線を最適化し、冷却効率の高い油冷システムなど最新技術を導入。最高出力は60kWから85kW、最大トルクは137Nmから255Nmへと大幅に向上させた。

フロントモーターをコントロールするパワードライブユニットには昇圧機能を新採用し、フロントモーターへの供給電圧を高めることで駆動力を増大した。リヤモーターはステーター側のコイルを角型断面とすることで巻密度を高め、最高出力を70kWから100kWに向上。駆動用バッテリーは、総電力量を20kWhと大容量化し、EV走行換算距離(等価EVレンジ)を87km(WLTCモード)とした。

トランスアクスルはモーターとエンジンの高出力化に伴い、ディファレンシャルギヤのシャフトとピニオンの強度・耐久性を向上。また、ジェネレーターへの発電経路と車軸への駆動経路それぞれに専用ギヤを設置しギヤ比を最適化、発電効率と燃費の向上を両立した。ガソリンタンク容量も増大させ、EV走行とハイブリッド走行を組み合わせた総合航続可能距離も大幅に拡大した。

車両運動統合制御システム「S-AWC」
モーター出力アップにより前後駆動力配分の制御範囲が拡大することにより、様々な天候や路面に対応する走行性能が大幅に向上した。新たに後輪側にもブレーキAYC(Active Yaw Control)機能を追加。これにより、タイヤ1輪あたりの制動力を小さくできるため、滑りやすい路面でよりAYCの効果を発揮させることが可能になった。様々な路面状況や運転スタイルに最適化した車両運動特性が選べる7つのドライブモードを設定。フロアコンソール上のダイヤル式のモードセレクターによって選択できる。

新開発のプラットフォーム
新開発のプラットフォームと高剛性な衝突安全強化ボディ「RISE」によって、高次元の安全性と操縦安定性を実現。フロントボディ剛性とねじり剛性を大幅に高め、操縦安定性の向上に大きく貢献したほか、従来の鋼板強度を超える三菱自動車初のホットスタンプ式超高張力鋼板(1470MPa)をキャビン回りに採用し、変形の少ない高耐力キャビン構造とした。

三菱自動車のPHEVで初めて3列7人乗りを実現したパッケージング
リヤモーターとコントロールユニットを一体化することで、サードシート設置に必要なフロアスペースを確保し、7人乗りシートレイアウトを実現。同時にユニットの搭載位置をキャビン外側としたことで高周波ノイズをシャットアウトするなど、高い静粛性を実現している。

進化した先進安全装備
進化した高速道路同一車線運転支援機能「MI-PILOT(ナビリンク機能付)」を搭載。レーダークルーズコントロールシステム[ACC]と車線維持支援機能[LKA]を統合したこの制御は、車間距離と車線中央をキープしながら走行することで運転をサポートする。また、速度標識を認識し設定速度を自動で切り替えるほか、ナビリンク機能による地図情報を活用し、高速道路のカーブや分岐などで適切な車速に自動で調整。渋滞時でも停車後約30秒以内の自動発進を実現するなど、高速道路の長距離走行や渋滞時の疲労を低減する。様々なセンサーから得られる情報を協調させることにより、運転支援の精度を向上し、支援機能を拡大した。



  • 三菱自動車ブースイメージ
  • 三菱 アウトランダー
  • オンライン展イメージ

[提供元:レスポンス]レスポンス