スズキ『ハヤブサ』のエンジン&970kgの軽量ボディ…432馬力の仮想電動スポーツ

  • スズキ・ビジョン・グランツーリスモ
『グランツーリスモ』は5月26日、『グランツーリスモ7』の最新アップデートに合わせて、スズキ『ビジョン グランツーリスモ』(Suzuki Vision Gran Turismo)を発表した。

スズキ ビジョン グランツーリスモは、4輪と2輪を手がけるスズキならではのスポーツマインドを表現したAWDスーパースポーツだ。オープン2シーターデザインのボディは、スズキの軽量化技術が導入されており、車重は970kgに抑えられた。全体のシルエットやディテールには、『スイフトスポーツ』や『カプチーノ』のDNAを継承している。

シャシーは、フロントミッドにエンジンを積むFR駆動レイアウトを基本に、電動化技術をプラスした。エンジンとモーターを組み合わせて、4輪を駆動する。

フロントミッドに搭載されるのは、スズキのスーパースポーツバイク『ハヤブサ』用の排気量1340ccの直列4気筒ガソリンエンジンだ。さらに、フロント駆動用に2基、リア駆動用に1基の合計3基のモーターを積む。システム全体の最大出力は432ps、最大トルクは62kgmを発揮する。


  • スズキ・ビジョン・グランツーリスモ
  • スズキ・ビジョン・グランツーリスモ
  • スズキ・ビジョン・グランツーリスモ

[提供元:レスポンス]レスポンス