「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」設立へ、EV販売とモビリティ向けサービスの新会社

  • ソニーグループの吉田健一郎会長兼社長(向かって左)とホンダの三部敏宏社長(2022年3月4日の記者会見)
ソニーとホンダは6月16日、新会社「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」を2022年中(予定)に設立し、電気自動車(EV)の販売とモビリティ向けサービスを2025年(予定)から開始すると発表した。

両社は今年3月、EVの共同開発・販売、モビリティサービスの提供について、戦略的提携に向けた協議・検討を進めることで合意。今回、EVの販売とモビリティ向けサービスの提供を行う新会社の設立に関する合弁契約書を締結した。

新会社では、ホンダの最先端の環境・安全技術をはじめとするモビリティ開発力、車体製造技術およびアフターサービス運営の実績と、ソニーが保有するイメージングセンシング、通信、ネットワークおよび各種エンタテインメント技術の開発・運営の実績を持ち寄り、新しい時代のモビリティとモビリティ向けサービスの実現を目指す。

新会社の会長兼CEOにはホンダの水野泰秀専務執行役員が、社長兼COOにはソニーモビリティの川西泉社長が就任。新会社の設立は2022年中を予定しており、新会社によるEVの販売とモビリティ向けサービスの提供開始は、2025年を予定している。


  • ソニーグループの吉田健一郎会長兼社長(向かって左)とホンダの三部敏宏社長(2022年3月4日の記者会見)

[提供元:レスポンス]レスポンス