『マツダ 787B』ル・マン クラシックでデモ走行…ドライバーは寺田陽次郎氏

  • マツダ 787B
マツダは、6月30日から7月3日(現地時間)にフランスのル・マン サルトサーキットで行われる「ル・マン クラシック2022」にて、『マツダ 787B』がデモンストレーション走行することを発表した。

マツダ 787Bは4ローターロータリーエンジンを搭載し、1991年のル・マン24時間レースにて、日本車初の総合優勝を果たした歴史的マシンだ。ル・マンでの走行は、優勝から20周年の2011年およびル・マン24時間レース90周年の節目の2013年以来。9年振りにロータリーサウンドをル・マンの地に響かせる。

ル・マン優勝から30年を迎えた昨年、マツダはル・マン クラシックでのマツダ 787Bの走行を予定していたが、コロナ禍に伴いイベントは延期。その代替イベントとして開催される今年のル・マン クラシックにて、モデルカーブランド「Spark」の協力のもと、グループCレースが開催される7月1日、2日に、ル・マン出場回数29回を誇る「ミスター・ル・マン」こと寺田陽次郎氏のドライブによりデモンストレーション走行を行う。

ル・マン クラシックは、今年で99年目を迎えたル・マン24時間レースに過去参戦してきた数々のレース車両が2年に一度集まり、サルトサーキットでの走行を披露するイベント。時代ごとの各カテゴリーに分かれて約60分で競われるグループCレースは、トヨタ『トムス85C』やポルシェ『962』、ジャガー『XJR』、プジョー『905』など、耐久レースの歴史に名を残す名車の出場が予定されている。


  • マツダ 787B
  • 1991年のルマン24時間レース
  • 1991年のルマン24時間レース
  • 1991年のルマン24時間レース
  • 1991年のルマン24時間レース

[提供元:レスポンス]レスポンス