スズキ開発の新型SUV、トヨタのインド拠点で8月より生産

  • トヨタ自動車とスズキの共同会見(2016年10月、業務提携合意)
トヨタ自動車とスズキは6月24日、スズキ開発の新型SUVをトヨタのインド生産拠点 トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)で生産すると発表した。

両社は2017年、業務提携に向けた覚書を締結。以来、トヨタの電動化技術とスズキの小型車技術を持ち寄り、生産領域や電動車の普及等での協業に取り組んでいる。協業のひとつとしてグローバルでの車両のOEM相互供給を進める中、今回、スズキが開発した新型SUVを初めてTKMにて8月より生産を開始することとなった。インド国内のマルチ・スズキ・インディア、TKMでそれぞれスズキ、トヨタのモデルを販売。また、両社ともに、アフリカを含めたインド国外への輸出も計画している。

インド発売の両モデルには、スズキ・トヨタそれぞれの開発した技術として「マイルドハイブリッド」「ストロングハイブリッド」をパワートレインとして搭載。協業を通じて、両社の強みを持ち寄ることで、ユーザーに幅広い電動化技術を提供することが可能となり、インドにおける電動化の加速と、カーボンニュートラル社会の実現に貢献していく。


  • トヨタ自動車とスズキの共同会見(2016年10月、業務提携合意)

[提供元:レスポンス]レスポンス