バス・トラックの自動運転:車線保持に関する基準 国交省が策定

  • (イメージ)
国土交通省は、バスやトラックの自動運転に対応した基準を策定したと発表した。

国際連合欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29、2021年11月)で、高速道路を運行時、車両を車線内に保持する機能を持つ自動運行装置に関する規則の改正について、合意がなされた。対象車種が、従来の乗用車に加えて、大型車にまで拡大されている。これを踏まえ、改正された協定規則を保安基準に反映させることなどを目的に、保安基準の詳細規定を改正する。

高速道路における運行時に車両を車線内に保持する機能を持つ自動運行装置の要件について、従来の乗車定員10人未満の乗用車及び車両総重量3.5トン以下の貨物自動車から、バス・トラックなどの大型車までとする。

施行は2022年6月22日。新型車は7月1日に適用する。


  • (イメージ)

[提供元:レスポンス]レスポンス