「自動運転チャレンジ2」名古屋大学大学院チームに最優秀賞…3年ぶりにリアル開催

  • 自動運転チャレンジ2022開催
自動車技術会は6月26日、自動運転AIチャレンジ2022(インテグレーション)決勝を東京大学生産技術研究所(柏キャンパス)で開催した。

4回目となる自動運転AIチャレンジの決勝は1回目大会以来、3年ぶりに実地で実施した。決勝は終日晴天だったが気温や風などシミュレーションとは違う条件に苦慮しながらも、参加者は演習や教育プログラムとは異なるリアルな環境に対応しようと試行錯誤したとしている。

決勝は予選の結果から上級者向けの「アドバンスト」と初級者向けの「チャレンジ」のクラスに分けて実施した。競技は自動運転車が障害物を認識して、その前後左右1メートル離れた線内に入らない回避動作や、横断歩道の有無を判断、一時停止や減速しながら通過できるかの技術と、スタートからゴールするまで指定された時間に近付けるかと指定された場所に正しく停止できるかで競った。

アドバンストコースの最優秀賞・経済産業省製造産業局長賞は「UCLabAdvanced」(名古屋大学大学院)、チャレンジコースの最優秀賞・日本自動車工業会会長賞が「UCLab」(名古屋大学)だった。


  • 自動運転チャレンジ2022開催
  • 競技概要
  • アドバンストコース 最優秀賞を受賞したUCLabAdvanced(名古屋大学大学院)
  • チャレンジコース 最優秀賞を受賞したUCLab(名古屋大学)

[提供元:レスポンス]レスポンス