BMW 7シリーズ 新型、EV版『i7』の生産も開始

  • BMWのドイツ・ディンゴルフィン工場で生産を開始した i7
BMWは7月1日、新型EV『i7』(BMW i7)の生産をドイツ・ディンゴルフィン工場で開始した。i7は、新型『7シリーズ』のEVバージョンになる。

◆1回の充電での航続は最大625km
i7の「xDrive60」グレードのEVパワートレインには、第5世代の「BMW eDrive」テクノロジーを導入する。フロントアクスルとリアアクスルのそれぞれに、電気モーター、パワーエレクトロニクス、トランスミッションをコンパクトに一体設計した。

フロントのモーターが最大出力258hp、最大トルク37.2kgm、リアのモーターが最大出力313hp、最大トルク38.7kgmを引き出し、システム全体で544hpのパワーと、76kgmのトルクを獲得する。パワフルなツインモーターは、0~100km/h加速4.7秒、最高速240km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は101.7kWh。厚さ110mmのスリムな高電圧バッテリーは、車両の床下の低い位置にレイアウトされる。1回の充電での航続は、最大625km(WLTPサイクル)に到達する。バッテリーは、最大出力195kWの急速充電に対応しており、およそ10分で170kmの航続に必要なバッテリー容量を充電できる。

◆最新世代の「iDrive」オペレーティングシステム
i7には、BMWのEVに共通する「iブルー」のアクセントが配されており、セグメントをリードする持続可能性を強調している。キドニーグリルには、BMW iのロゴが付く。エアインテークの水平バー、サイドスカートとリアバンパーのトリム、フロントとリアのBMWロゴの周囲は、BMWのiブルーで仕上げている。

EVの『iX』、『i4』と比較して、充電ソフトウェアが改善されており、高電圧バッテリーの温度がより正確に制御され、充電プロファイルを保存できる。これに加えてi7では、「BMWマップス」搭載のナビゲーションシステムが、充電に最適化されたルートをより迅速かつ詳細に表示するようになった。

新しい「マイモード」と最新世代の「iDrive」オペレーティングシステムによって、革新的なユーザーエクスペリエンスを実現することに重点を置く。マイモードを使用すると、ドライバーは車両の走行特性やインテリアの雰囲気をカスタマイズできる。

◆後席乗員の快適性を追求した装備を採用
14.9インチの「BMWカーブド・ディスプレイ」に加えて、インストルメントパネル、ドア部分の新設計ライトとストリップが、現代的なルック&フィールと品質を表現する。 BMWインタラクションバーはアンビエントライトの一部であり、一体デザインのコントロールボタンも備えている。さらに、新開発のスカイラウンジパノラマガラスルーフには、個別に調整可能なLEDライトスレッドが付く。

i7の後席には、快適な移動空間だけでなく、映画のような体験を可能にする新しいエンターテインメントシステムを採用する。ルーフから展開する「BMWシアター・スクリーン」は、31.3インチのディスプレイ、32対9のパノラマ表示フォーマット、8Kのストリーミング解像度を備えたワイドスクリーンだ。後席をプライベートシネマラウンジに変え、乗員はさまざまなストリーミングオファーから個人的なエンターテインメントプログラムを選択し、楽しむことができるという。

後席には、「エグゼクティブ・ラウンジ・シート」を採用する。後席の乗員は、足を伸ばしてくつろぐことができる。後席のドアパネルには、5.5インチのタッチスクリーンを組み込む。インフォテインメントシステムやBMWシアター・スクリーン、オートエアコン、シート設定などを、くつろいだ状態のまま、操作することができる、としている。


  • BMWのドイツ・ディンゴルフィン工場で生産を開始した i7
  • BMWのドイツ・ディンゴルフィン工場で生産を開始した i7
  • BMWのドイツ・ディンゴルフィン工場で生産を開始した i7
  • BMWのドイツ・ディンゴルフィン工場で生産を開始した i7
  • BMWのドイツ・ディンゴルフィン工場で生産を開始した i7
  • BMWのドイツ・ディンゴルフィン工場で生産を開始した i7
  • BMWのドイツ・ディンゴルフィン工場で生産を開始した i7
  • BMW  i7
  • BMW i7
  • BMW i7

[提供元:レスポンス]レスポンス