コマツ、水素燃料電池ダンプトラックを開発---カミンズと提携

  • コマツのダンプトラック(参考画像)
コマツと米国大手エンジンメーカーのカミンズは6月29日、水素燃料電池システムを含め、鉱山向けダンプトラックのゼロエミッション動力源の技術開発で協議することで合意したと発表した。

カミンズとコマツは、建設・鉱山機械のディーゼルエンジン事業で長年の協業関係を続けてきた。今回の協業は2021年8月にコマツが公表した、いかなる動力源でも稼働可能なコンセプト「パワーアグノスティックトラック」開発の一部を担うもの。鉱山機械の温室効果ガス(GHG)を削減するとともに、カーボンニュートラルへの貢献を目指す。

カミンズが保有するバッテリー、燃料電池システム、水素生成システムなどの幅広い動力源に関する技術や知見と、コマツが保有する鉱山機械の開発技術、鉱山オペレーション最適化ソリューションを融合する。

最初のターゲットとして、鉱山向けダンプトラックの動力源の技術開発を検討する。

コマツは、3カ年中期経営計画で2030年までに製品使用で排出されるCO2の50%削減(対2010年比)、生産によるCO2排出の50%削減(対2010年比)という経営目標とともに、2050年カーボンニュートラルをチャレンジ目標としている。今回の協議は、こうした取り組みの一環で、顧客の環境対応ニーズに応じた鉱山向けゼロエミッショントラックの提供を目指す。


  • コマツのダンプトラック(参考画像)

[提供元:レスポンス]レスポンス