アルピーヌ A110、創業者生誕100周年記念限定車『A110 GT ジャン・レデレ』日本導入決定

  • アルピーヌ A110 GT ジャン・レデレ
アルピーヌ・ジャポンは、アルピーヌの創業者「ジャン・レデレ」の生誕100周年を記念した限定車『A110 GT ジャン・レデレ』を近日、日本市場に導入すると発表した。

ジャン・レデレは、1922年5月17日にフランス・ディエップで生まれた。優秀な成績でビジネススクールを卒業したレデレは、24歳で父親が経営していたルノーディーラーを引き継ぐ。その後、ルノー車でレースに出場するようになったレデレは、さらなるスピードを求め、軽量でパワフルな車を独自に作り始める。これがアルピーヌの始まりとなった。

限定車は『A110 GT』をベースに、創業者ジャン・レデレの優雅な雰囲気と細部へのこだわり、アルピーヌのDNAである軽さと敏捷性を合わせ持つモデルとなっている。ボディカラーは光沢のあるブラックルーフとグリモンテベロの組み合わせとし、足元にはグランプリホイールとシルバーキャリパーを装備。このカラーはジャン・レデレの好みであっただけでなく、1963年1月に発売した最初のアルピーヌと同じものだ。

インテリアでは、サベルトバケットシートやダッシュボード、センターコンソールにグレーステッチを施した。ステアリングホイールはグレーステッチに加え、12時の位置にグレーでセンターラインを刺繍。洗練された雰囲気の室内空間に仕上げられている。

アルピーヌ A110 GT ジャン・レデレは、最初のA110同様、ディエップのジャン・レデレ工場で設計・組立て。日本への導入時期については後日アナウンスされる。



  • アルピーヌ A110 GT ジャン・レデレ

[提供元:レスポンス]レスポンス