ジープ グラディエーターとラングラーに限定「フリーダム」仕様…米で受注開始

  • ジープ・グラディエーター と ラングラー の「フリーダム・エディション」
ジープ(Jeep)ブランドは7月1日、米国向けの『グラディエーター』と『ラングラー』に、「フリーダムエディション」を設定し、7月後半から期間限定で受注を行うと発表した。

◆1941年に初代ジープモデルとなったウィリスMBが誕生
フリーダムエディションは、米国の軍人に敬意を表したモデルだ。ジープと米軍は関係が深い。米国の陸軍は1940年6月、自動車メーカー135社に対して、軽量偵察車の受注入札を要請した。これに応じたのは、アメリカン・バンタム、ウィリス・オーバーランド、フォードモーターの3社だった。

この3社が1941年、共同生産したのが、初代ジープモデルとなったウィリス『MB』だ。米国陸軍の発注に対して開発されたのがウィリスMBであり、米軍兵士をサポートするために生まれたのが、初代ジープモデルとなる。

ウィリスMBは、タフで使い勝手に優れていた。その用途は幅広く、砂漠の長距離パトロール、除雪、電話線敷設、製材用車両、消防ポンプ車、戦場救急車、トラクターなどに利用された。ホイールを付け替えれば、線路を走行することもできたという。

◆フロントフェンダーに星条旗
米国の軍人に敬意を表して設定されるフリーダムエディションでは、フロントフェンダーに、アメリカの星条旗のデカールを配した。リアゲートには、オスカーマイクのエンブレムがあしらわれた。

また、フリーダムエディションには、LEDヘッドランプとフォグランプ、ボディ同色のフェンダーエクステンション、ウィンチ対応のスチール製フロントバンパー、スチール製ロックレール、ブラック仕上げのホイールとアクセントも採用している。

インテリアは、レザー+モケットのシートを装備した。黒いアクセントのステッチを添えている。ジープブランドは、グラディエーターとラングラーのフリーダムエディションを1台販売するたびに、軍の慈善団体に250ドル(約4万円)の寄付を行う予定だ。

◆第4世代の「Uconnect」システム
パワートレインには、3.6リットルV型6気筒ガソリン「ペンタスター」エンジンを搭載する。最大出力は285hp、最大トルクは36kgmを発生する。トランスミッションは、6速MTを組み合わせる。

車載コネクティビティの面では、第4世代の「Uconnect」システムを採用する。ピンチ・ズーム機能を備えた7.0インチのタッチパネルモニターが装備される。後席には2つのUSBポート、前席には2つのUSB-Cポートが装備され、各種メディアに接続できる。リアルタイム情報を提供するSiriusXMラジオ、トラベルリンク、交通、コネクテッドサービスなど、豊富なインフォテインメント機能を備えている。

Apple「CarPlay」では、「Siri」の音声コントロール機能に加えて、iPhoneとの間で車載ディスプレイとコントロールを統合する。グーグルの「Android Auto」では、運転時に役立つ情報を共有し、グーグルの技術を最大限に活用できる。無料の音声案内ナビゲーション、ライブ交通情報、車線案内、「Google Play」ミュージックでの3000万曲のオンデマンドアクセス、「Googleマップ」、電話やメッセージを送受信する機能を備える。Android AutoではUconnectシステムのタッチスクリーンから人気のあるアプリやコンテンツに簡単にアクセスできる。


  • ジープ・グラディエーター と ラングラー の「フリーダム・エディション」
  • ジープ・グラディエーター の「フリーダム・エディション」
  • ジープ・ラングラー の「フリーダム・エディション」
  • ジープ・グラディエーター の「フリーダム・エディション」
  • ジープ・ラングラー の「フリーダム・エディション」
  • ウィリス・オーバーランド社のジープ MB(1941~1945年)
  • ウィリス・オーバーランド社のジープ MB(1941~1945年)
  • ウィリス・オーバーランド社のジープ MB(1941~1945年)
  • ウィリス・オーバーランド社のジープ MB(1941~1945年)

[提供元:レスポンス]レスポンス