階をまたぐ自動運転…パーソナルモビリティのWHILLが世界初の実証実験へ

  • エレベーターとパーソナルモビリティが連携
WHILLは、成田空港第2旅客ターミナルで「WHILL自動運転モビリティサービス」の新しい試みであるエレベーターと連携した実証実験を7月28日から開始すると発表した。

人を乗せた自動運転パーソナルモビリティとエレベーターが連携し、出発地点から目的の搭乗ゲートまですべて自動運転で階をまたいで移動する実験は世界初となる。

実証実験は、出国審査後の乗客を対象に実施する。利用者は手元のタッチパネルで目的の搭乗ゲートを選択するだけで、安全、快適に移動できる。成田空港内にあるエレベーターとWHILLがシステム連携することで、WHILLが近づくだけでエレベーターがWHILLのいる階に停止し、扉の開閉も自動で制御し目的の階までWHILLと利用者を送り届ける。

サービスを国際線で初めて実施するため、手元のタッチパネルで複数の選択肢から言語を設定できる機能を搭載する。英語と日本語、中国語(簡体字と繁体字)とベトナム語を選べるようにする。選べる言語は今後のニーズに応じて随時増やしていく予定。

実証実験は8月10日(平日のみ)まで実施する。

  • エレベーターとパーソナルモビリティが連携
  • 成田空港で実証実験
  • 成田空港で実証実験
  • 目的のゲートをタッチパネルで設定するだけで自動運転
  • 成田空港で実証実験

[提供元:レスポンス]レスポンス