【アソモビ2022】豪華絢爛な超大型キャンピングカーも登場 8月6-7日

  • コンコルド センチュリオン 1200 GST
アソモビ実行委員会は、8月6・7日の2日間、幕張メッセにて“遊べるモビリティ"の総合展「アソモビ2022 in Makuhari」を開催する。

アソモビ2022は「アソビ×モビリティ」をテーマに、キャンピングカーやモーターホーム、バンライフカーや軽キャン、小型モビリティ、ガレージブランド、アウトドアギア、ペット用品など約70社が出展する。

今回のアソモビで注目を集めそうなのが「コンコルド センチュリオン 1200 GST」。メルセデスベンツの大型トラック『アクトロス』をベースにした豪華な内装の超大型(全長12m)キャンピングカーだ。リア(荷物室)には小型車両が収納可能。参考出品で価格は非公開だが、予想では数億円にものぼる超高級モーターホームだ。

アソモビの会場には、自然環境の保全や被災時にも役に立つクルマやギアも多数出展される。例えばスバル『360』のビーチバンは、「ヒノキ」を使用したスリットルーフを装備。開放感あふれるこのビーチバンには、森林保全や地域材活用の大切さといった意味も込められている。また、スウェーデンのキャンピングカー「KABE」は水なしで連続70回使える「焼却式トイレ」を装備。燃焼後に廃棄する灰も肥料に再利用できる究極の環境エコ型トイレになっている。

会場ではクルマに格納可能な「折りたたみ式電動キックボード」の試乗会も開催し、クルマに載せて目的地の広い空間で爽やかな風を感じながら走る「アソモビ的アウトドアライフ」も提案。また、家庭用100Vコンセントが利用できて「80km/50円」で走行可能な3人乗りの電動トゥクトゥク『EV-TUK TUK』の試乗会も開催する。

独創性と希少性が魅力の「ガレージブランド」即売会にも注目だ。大手アウトドアメーカーが万人受けするバランス重視のギアが多いのに対し、ガレージブランドは個人や小規模事業者が自由度の高いオリジナリティ溢れるギアを創作。街中のアウトドアショップでは見つからない自分好みの秀逸なギアが見つかるかもしれない。

アソモビでは「ペット旅」を応援。ペット同伴で入場できる会場には「ペットエリア」を設置する。米国のライフスタイルブランド「ウルフギャング・マン&ビースト」では、愛犬には最高品質レザーとグラフィカルなテキスタイルを使用した首輪やリードを、飼い主にはクールなアートワークが描かれたTシャツやキャップなどのアパレルとアクセサリーを展開。他にも魅力的なペット関連商品が並ぶ。

前売券は高校生以上800円(当日1000円)、小中学生500円(同600円)。1頭500円/2頭以上1000円でペットの同伴も可能だ。



  • コンコルド センチュリオン 1200 GST
  • 「ヒノキ」を使ってスリットルーフにしたスバル360のビーチバン
  • 公道走行可能な電動キックボード「ZERO」シリーズ
  • 200ルーメンの眩しくないLEDランタン「38灯(ミヤビ)」
  • アメリカンメイドのグラフィカルなテキスタイルを使用した首輪やリード
  • アソモビ2022 in Makuhari

[提供元:レスポンス]レスポンス