【SUPER GT 第4戦】#37 KeePer TOM'S GR Supraが今季初優勝…GT300クラスはSUBARU BRZが優勝

  • 優勝した#37 KeePer TOM'S GR Supra(手前)
静岡県・富士スピードウェイで7日、SUPER GT第4戦の決勝レースが行われ、3番手スタートの#37 KeePer TOM'S GR Supra(サッシャ・フェネストラズ/宮田莉朋)が優勝を飾った。

5月29日に開催された第3戦から約2か月の期間を開け、第4戦が8月6日・7日の日程で開催された。6日に行われた予選では#19 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/阪口晴南)がポールポジションを獲得。以下#24 リアライズコーポレーション ADVAN Z(佐々木大樹/平手晃平)、#37 KeePer TOM'S GR Supra(サッシャ・フェネストラズ/宮田莉朋)、#38 ZENT CERUMO GR Supra(立川祐路/石浦宏明)と続いた。

決勝レースは100周、約450km。しかし一部路面が濡れている場所があり、フォーメーションラップを1周加えたため、99周で争われることになった。

GT500クラスは序盤に2番手スタートの#24 リアライズコーポレーション ADVAN Zがトップに浮上。ポールポジションの#19 WedsSport ADVAN GR Supraは徐々に順位を落とし、3番手スタートの#37 KeePer TOM'S GR Supraが2位に、7番手スタートの#12 カルソニック IMPUL Z(平峰一貴/ベルトラン・バゲット)が3位に上がってきた。

今大会は2回の給油が義務付けられているが、その2回目のピットストップで順位が変わった。#24 リアライズコーポレーション ADVAN Zは72周目にピットイン、#37 KeePer TOM'S GR Supraは73周目、#12 カルソニック IMPUL Zは74周目にピットインした。この3台がコースに戻ると#37 KeePer TOM'S GR Supraがトップに浮上。#12 カルソニック IMPUL Zが2位に上がり、#24 リアライズコーポレーション ADVAN Zは大きく遅れて3位に落ちていた。

残り23周、この3台はバトルに至らずそのままチェッカー。#37 KeePer TOM'S GR Supraが今季初優勝を飾った。2位は#12 カルソニック IMPUL Z、3位は#24 リアライズコーポレーション ADVAN Z。6番手スタートの#36 au TOM'S GR Supra(坪井翔/ジュリアーノ・アレジ)が4位。そして#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)がNSX-GT勢トップの5位でチェッカーを受けた。

GT300クラスはポールポジションの#65 LEON PYRAMID AMG(蒲生尚弥/篠原拓朗)が序盤トップを走行したが、21周目にトラブルが発生しピットイン。代わって#4 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也)がトップに立った。しかし、こちらも残り14周でトラブルが発生。終盤は#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)と#11 GAINER TANAX GT-R(安田裕信/石川京侍)による、毎コーナーで順位が入れ替わる激しいバトルの末、#61 SUBARU BRZ R&D SPORTが優勝を飾った。

2位は#11 GAINER TANAX GT-R。3位には#18 UPGARAGE NSX GT3(小林崇志/太田格之進)が入った。

次戦、SUPER GT第5戦は8月27日・28日の日程で鈴鹿サーキットを舞台に開催される。

■SUPER GT第4戦富士、GT500クラス決勝結果(トップ10)
1. #37 KeePer TOM'S GR Supra(サッシャ・フェネストラズ/宮田莉朋)
2. #12 カルソニック IMPUL Z(平峰一貴/ベルトラン・バゲット)
3. #24 リアライズコーポレーション ADVAN Z(佐々木大樹/平手晃平)
4. #36 au TOM'S GR Supra(坪井翔/ジュリアーノ・アレジ)
5. #8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)
6. #39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra(関口雄飛/中山雄一)
7. #14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)
8. #100 STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)
9. #19 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/阪口晴南)
10. #17 Astemo NSX-GT(塚越広大/松下信治)

■SUPER GT第4戦富士、GT300クラス決勝結果(トップ10)
1. #61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)
2. #11 GAINER TANAX GT-R(安田裕信/石川京侍)
3. #18 UPGARAGE NSX GT3(小林崇志/太田格之進)
4. #60 Syntium LMcorsa GR Supra GT(吉本大樹/河野駿佑)
5. #96 K-tunes RC F GT3(新田守男/高木真一)
6. #56 リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)
7. #50 Arnage MC86(加納政樹/阪口良平/末廣武士)
8. #87 Bamboo Airways ランボルギーニ GT3(松浦 孝亮/坂口 夏月)
9. #88 Weibo Primez ランボルギーニ GT3(小暮 卓史/元嶋 佑弥)
10. #360 RUNUP RIVAUX GT-R(青木孝行/田中篤/柴田優作)

  • 優勝した#37 KeePer TOM'S GR Supra(手前)
  • GT500クラス表彰式
  • GT500クラススタートシーン
  • 優勝した#37 KeePer TOM'S GR Supra(サッシャ・フェネストラズ/宮田莉朋)(手前)
  • 2位の#12 カルソニック IMPUL Z(平峰一貴/ベルトラン・バゲット)
  • 3位の#24 リアライズコーポレーション ADVAN Z(佐々木大樹/平手晃平)
  • NSX-GT勢トップの5位でフィニッシュした#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)
  • GT300クラス表彰式
  • GT300クラス優勝の#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)
  • GT300クラス優勝の#61 SUBARU BRZ R&D SPORTのピットストップ
  • GT300クラス2位の#11 GAINER TANAX GT-R(安田 裕信/石川 京侍)
  • GT300クラス3位の#18 UPGARAGE NSX GT3(小林 崇志/太田 格之進)

[提供元:レスポンス]レスポンス