ニュータウンの交通結節点をスマート化、「モビリティポート」設置

  • 共同研究フィールドの高蔵寺ニュータウン・センター地区周辺
大日本印刷(DNP)は8月8日、UR都市機構中部支社と名古屋大学、愛知県春日井市が進める高蔵寺ニュータウン(春日井市北東部)での「交通結節点のスマート化によるにぎわいのある安心安全なまちづくり」の共同研究に、「DNPモビリティポート」を提供すると発表した。

「DNPモビリティポート」は、住民や観光客、高齢者や若者など、さまざまな人が多様な交通手段を利用しやすい環境を構築して周遊を促す移動最適化サービス。

今回の共同研究では、 商業施設に「DNPモビリティポート」のコミュニケーション端末を、高蔵寺ニュータウンのピタ館駐車場コンコースと中央台バス停出入口に設置し、循環バスやデマンド乗合いタクシーの位置情報の表示やデマンド交通の予約、周辺地域情報を発信し、住民の利便性向上を図る。8月8日から9月2日まで実施する。商業施設の店舗の広告やクーポンサービスと連動、地域のにぎわいづくりに対する効果を検証する。

共同研究の結果は、今後の同地域での高蔵寺スマートシティプロジェクトに反映していく予定。

高蔵寺プロジェクトは、全国に2000地区以上存在するニュータウンへの展開を見据え、春日井市、UR、名大と民間企業を中心とした産学官連携で、地区内自動運転サービスやAIオンデマンド交通を含むニュータウン型MaaSの構築とスマートシティの実現を目指して活動している。

今回DNPは、これまで各地で実証実験を進めてきた個々の機能をまとめて提供することで、 高蔵寺ニュータウン・センター地区での住民の移動・回遊を促進する。また「DNPモビリティポート」を利用したMaaSによって、1人ひとりの生活における移動をより自由なものにし、公共交通との接続や利用の継続も行うことで、 地域の活性化に貢献する。

また、シェアバイクなどのモビリティサービスとの連携や、モビリティサービスと周辺施設との連携によるにぎわいづくり、防災情報連携をテーマに、ニュータウン内での交通結節点のスマート化の機能実証を進めて将来の社会実装につなげる。



  • 共同研究フィールドの高蔵寺ニュータウン・センター地区周辺
  • 交通結節点のスマート化によるにぎわいのある安心安全なまちづくり全体イメージ

[提供元:レスポンス]レスポンス