公道を走るF1、メルセデスAMG『ワン』生産開始

  • 英国の専用工場で生産を開始したメルセデスAMG ワン
メルセデスAMGは8月10日、F1技術を導入した新型ハイパーカー、メルセデスAMG『ワン』(Mercedes-AMG ONE)の生産を開始した、と発表した。

メルセデスAMGワンは、世界限定275台を生産する計画。最初の車両は、2022年内に納車される予定だ。1.6リットルV6ターボエンジンと4つの電気モーターを備えたF1ベースのハイブリッドパワートレインは、英国のメルセデスAMGのハイパフォーマンスパワートレイン部門で生産。車両の最終組み立ては、英国のコベントリーにパートナーの Multimatic と共同設立した専用の少量生産施設で行われる。

生産は、合計16の工程に分かれており、すべて手作業で行う。カーボンファイバー製モノコックや、取り外し可能なボディパネルは、事前に組み立てたうえで機能性をテストし、再び分解されて、車両に取り付けられる。すべてのパーツが完全に組み合わせられた後、ドアやボンネットなどのパーツを再び分解し、手作業で塗装する。これにより、車両全体の色合いが保証されるという。


  • 英国の専用工場で生産を開始したメルセデスAMG ワン
  • 英国の専用工場で生産を開始したメルセデスAMG ワン
  • 英国の専用工場で生産を開始したメルセデスAMG ワン

[提供元:レスポンス]レスポンス