ジムニーなの? エブリイなの? 合体していいとこ取り軽ワゴン

  • フェイスはジムニーなのに、バン仕様になっている。
2022年8月6~7日に幕張メッセで開催されていた、遊び心あるクルマやアソビギアを提案する日本最大のイベント『アソモビ2022 in Makuhari』。

T-Style Auto Salesのブースには、スズキ『エブリイ』(バン)のボディに、『ジムニー』のフロントフェイスが装着された『ジムリィ』が展示されていた。展示車両はオプションパーツをフルに装着したモデルだが走行距離5000kmの中古車両ということと、イベント特別価格ということで、398万円[税込み]で販売もされていた。新車でのフルオプション装着の場合、470万円[税込み]とのことなので、超格安と言っても過言ではないはず。

担当者に話を聞いたところ、ジムニーのフェイスがかわいいとのことで、女性客からの支持が圧倒的に多いとのこと。コロナ禍になってからの需要は多いが、新車から架装を施す場合、架装作業は10日ほどで完成するとのこと。ただし半導体不足等の問題で、新車の納車に時間がかかっているため、ディーラーからの納車の方が時間を要する可能性が高い。

ジムリィの隣には『ジムリィ Little:D』のフルオプション仕様車も展示。フェイスの違いもあり、ジムリィとはまた違って印象を受けるモデル。こちらは通常378万円[税込み]のところ、イベント価格として358万円[税込み]で販売中だった。

  • フェイスはジムニーなのに、バン仕様になっている。
  • スライドドア+広いキャビンでジムニーより使い勝手が良いとのこと。
  • 落ち着いた色合いのアンティークベッドキット(システムラック左右付き)を架装済みで、収納もバッチリ。
  • 398万円[税込み]の特価で販売中されていた。
  • 『ジムリィ Little:D』のスライドドア部分にはルームテントが設置され、快適なキャンプライフには欠かせない仕様となっていた。
  • フェイスが違うだけでまた違った印象を受ける。
  • ベッドキットが架装されているため広い就寝スペースを確保できる。
  • ルーフトップにも就寝スペースがあるので、ベッドキットと合わせて、大人ふたりでも余裕で寝られる。
  • ルームテントがあれば、日差しを避けてゆっくりとくつろぐなんてコトも可能。
  • 4インチのアップサスを組み込み、トーヨーオープンカントリータイヤで走破性向上。
  • 『ジムリィ Little:D』は358万円[税込み]で販売されていた。
  • 通常価格は378万円[税込み]とのことなので、20万円もお得に購入出来た。
  • T-Style Auto Salesのブース。

[提供元:レスポンス]レスポンス