電動キックボードに安全対策、国交省が「識別装置」を検討

  • (イメージ)
国土交通省は、電動キックボードや立ち乗り電動スクーターなどの識別に必要な装置(識別点滅灯火など)の技術基準について検討するため、9月5日に「新たなモビリティ安全対策ワーキンググループ」を開催すると発表した。

海外で移動サービスの多様化とそれに対応した電動キックボードや立ち乗り電動スクーターなど、新たなモビリティの開発・利用が進んでいる。これら新たなモビリティは、安全、気軽に利用できるモビリティとして通勤時の移動手段や観光地におけるアクティビティとしての活用が期待されている。

国土交通省自動車局では、これらの新たなモビリティについて「車体」の安全確保のために必要となる技術基準を検討するため、昨年10月に新たなモビリティ安全対策ワーキンググループを立ち上げ、これまでに技術基準の骨子について整理した。

今回、9月5日にワーキンググループを開催し、骨子において実施することとされた技術検証の結果を踏まえ、電動キックボードなどの識別に必要な、識別点滅灯火などの技術基準について検討する。


  • (イメージ)

[提供元:レスポンス]レスポンス