シボレーの電動SUV『ブレイザーEV』、557馬力ツインモーター搭載…デトロイトモーターショー2022

  • シボレー・ブレイザー EV の「SS」(デトロイトモーターショー2022)
シボレーは9月14日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2022に、新型電動SUV『ブレイザーEV』(Chevrolet Blazer EV)を出展した。

◆カマロやコルベットに触発されたスタイリング
シボレーブランドの伝統の小型SUVが、『ブレイザー』。そのEV版として登場したのが、ブレイザーEVだ。ブレイザーEVは、GMの新世代EV向け「アルティウム」プラットフォームをベースにしている。

GMのEV商品戦略の中心となるアルティアムバッテリープラットフォームには、共通の車両アーキテクチャに加えて、バッテリーセル、バッテリーモジュール、バッテリーパック、ドライブユニット、EVモーター、統合パワーエレクトロニクスなどのコンポーネントが含まれており、EV生産の基盤となっている。

ブレイザーEVは、『カマロ』や『コルベット』に触発されたアスレチックなスタイリングを備えている。高性能グレードの「RS」と「SS」には、大胆なデュアルエレメントLEDライトシグネチャーを装備した。このシグネチャーには、ドライバーが車両に接近すると、作動する照明パターンが採用された。フロントグリルのシボレーの「ボウタイ」エンブレムは、光る演出が施されている。フロントのLEDライトは、バッテリーの充電状態を表示できる。バッテリーの充電量が増えると、LEDライトの発光パターンが変化する。

◆高性能版の「SS」は0~96km/h加速4秒以下
ブレイザーEVには、「1LT」、「2LT」、RS、SSなど、複数のグレードが用意される。駆動方式は、前輪駆動、後輪駆動、AWDが設定される。1回の充電での航続は、最も効率に優れる仕様で、最大515kmに到達する。充電に関しては、自宅などでの充電用の出力11.5kWの車載AC充電モジュールを採用した。最大出力190kWの急速DC充電機能も備えている。この場合、およそ125kmの走行に必要なバッテリー容量を、約10分で充電できる。

ブレイザーEVの頂点に立つ高性能グレードが、SSだ。SSとは、『カマロ』などに用意されてきた高性能グレード。ブレイザーEVのSSは、パフォーマンス志向の電動SUVとなる。

『ブレイザーEV SS』には、前後アクスルにモーターを搭載するAWDとなり、最大出力557hp、最大トルク89.6kgmを獲得する。「WOW(ワイドオープンワット)」モードでは、0~96km/h加速4秒以下の性能を可能にしている

◆2つのディスプレイは17.7インチと11インチ
RSとSSには、フラットボトムステアリングホイールやタービンに触発されたエアベントなどを装備した。コネクティビティの面では、ダッシュボード中央に、17.7インチのカラータッチスクリーンを配置した。車両のインフォテインメントシステムとコマンドセンターとして機能する。ドライバー正面のインストルメントクラスターには、11インチのカラードライバーインフォメーションセンターを装備しており、ダッシュボード中央のタッチスクリーンを補完する。

車両を始動するためのプッシュボタンはない。ハンズフリースタートでは、ドアを閉めた後、ドライバーがブレーキペダルを踏むだけで、発進準備が整う。キーが、ハンズフリースタートシステムを認識する。パワードオープニングチャージポートドアは、ドアに触れると電動でドアが開けられる。

スマートフォンなどに、「My Chevyアプリ」をダウンロードできる。このアプリが、充電ステーションへのルート検索と案内を支援する、としている。


  • シボレー・ブレイザー EV の「SS」(デトロイトモーターショー2022)
  • シボレー・ブレイザー EV の「SS」(デトロイトモーターショー2022)
  • シボレー・ブレイザー EV の「SS」
  • シボレー・ブレイザー EV の「SS」
  • シボレー・ブレイザー EV の「SS」
  • シボレー・ブレイザー EV の「SS」
  • シボレー・ブレイザーEV の「SS」
  • シボレー・ブレイザー EV の「SS」
  • シボレー・ブレイザー EV の「SS」
  • シボレー・ブレイザーEV の「SS」

[提供元:レスポンス]レスポンス