キャンプ・車中泊・災害時に役立つポータブル電源…横浜キャンピングカーショー2022

  • ポータブル電源各種:横浜キャンピングカーショー2022
キャンプやアウトドアレジャーで重宝するのがポータブル電源。サブバッテリーを搭載してエアコンや冷蔵庫を設置したキャンピングカーも多い。「横浜キャンピングカーショー2022」でポータブル電源を展示していたのは「セイキ」だ。

ホワイトボディのバッテリー(amber rock)は、取っ手がついており文字通りのポータブル電源。LFP(リン酸鉄)なので安全性も高い。重量6.5kg。容量473Whで出力は300W(AC100V 3A)。もう少し容量が欲しければ増設パック(473Wh)もある。USB端子がType C、Type Aで3口ついており、本体上面にはQiのワイヤレス充電器が内蔵されている。側面にはLEDライトもついており、車中泊で活躍しそうだ。自然放電も最小限に抑え、満充電で1年間放置しても約4%ほどしか消耗しないという。LFPなので低温時に外で利用する場合は注意が必要だ。

車載用では、鉛バッテリーから換装できるタイプのリチウムイオンバッテリーもある。12.8V 100Ah相当の出力容量がある。これもLFP採用だが、重さは約15kg。同容量の鉛バッテリーの半分程度で軽量化にもなる。リチウムイオンバッテリーの良さは、放電特性がよいことだ。消耗とともに電圧がだんだんと下がる鉛バッテリーに比較して、なくなる直前まで電圧降下が少ない(長時間安定した出力が得られる)。

車載する場合は既設のオルターネーターにつなぐことができる。充電はアダプターを使えば、AC、DC、ソーラーパネルにも対応する。容量が比較的大きいのでインバーターをつなげば、車内にAC100Vを引き込むこともできる。

「EcoFlow デルタPro」の小型廉価版である「EcoFlowデルタ2」が展示されていた。容量は1kWh 。出力は1500W。価格は約14万円と「Pro」の半分以下だ。

セイキは、もともとB向けにポータブル電源を扱っている会社。企業や自治体などのイベント用、防災用のバッテリーを販売していたが、近年の需要や動向をふまえキャンピングカーショーに出展したそうだ

  • ポータブル電源各種:横浜キャンピングカーショー2022
  • 出力はAC100V3Aくらい
  • ポータブル電源各種:横浜キャンピングカーショー2022
  • ポータブル電源各種:横浜キャンピングカーショー2022
  • 12V鉛バッテリーの代わり載せることもできる
  • ポータブル電源各種:横浜キャンピングカーショー2022
  • ポータブル電源各種:横浜キャンピングカーショー2022
  • ポータブル電源各種:横浜キャンピングカーショー2022
  • 車に積むときは固定方法に注意

[提供元:レスポンス]レスポンス