ベントレーの新世代デザイン第一号、『バトゥール』…欧州公開

  • ベントレー・マリナー・バトゥール
ベントレーは9月26日、『マリナー・バトゥール』(Bentley Mulliner Batur)を、フランスで開催された「シャンティ・アート&エレガンス・リシャール・ミル」において欧州初公開した、と発表した。

◆スリムなヘッドライトは現行ベントレー車とは異なる新デザイン
マリナー・バトゥールは、ベントレーのビスポーク(オーダーメイド)部門の「マリナー」の最新作だ。マリナー・バトゥールは、マリナーの専用モデル『バカラル』の後継車として、18台が限定生産されるが、すでに完売している。

また、マリナー・バトゥールには、ベントレーの新しいデザイン言語を初めて採用する。このデザイン言語は、ベントレーの将来のEVにも導入される予定だ。

ベントレーを象徴するフロントグリルは、今まで以上にそそり立ったデザインとした。一段と低く配置することによって、きりりとした顔立ちと堂々とした存在感を際立たせているという。スリムなヘッドライトは、現行ベントレー車とは異なる新デザインだ。展開可能なスポイラーの両側に配置されたテールライトには、ヘッドライトのデザインが反映されている。

◆パーソナライゼーションを重視した2シーターのインテリア
2シーターのバトゥールのインテリアは、究極のパーソナライゼーションと長距離グランドツーリングを実現するための空間、と自負する。インスピレーションの源は、バカラルにあるという。バカラルのキャビンデザインから主な要素を踏襲しつつ、持続可能でラグジュアリーなアイテムを追加している。キャビンのアイテムは、顧客が希望する仕様に合わせて仕立てられる。持続可能なインテリア素材も、豊富に用意されている。

例えば、スコットランド産の低炭素レザーは、イギリス国外から調達するより、短い移動距離で調達することが可能。持続可能なイタリア産なめし革は、5色から選べる。スエード調の「ダイナミカ」は、本革に代わる持続可能な素材だ。ウッドパネルもバラエティに富んでおり、カーボンファイバーに代わる持続可能な複合素材の「ナチュラルファイバー」を、初めて採用した。ナチュラルファイバーは経糸2本、緯糸2本の綾織りをサテンラッカーで仕上げた複合素材。どのウッドパネルを選択しても、助手席側のパネルにはW12エンジンのサウンドをイメージした独特のエッチングが施される。エッチングのオーダーメイドも可能だ。

カーペットにも持続可能な素材を使用した。リサイクル糸を使用したカーペットは、ベントレー初採用。インテリアのブライトウェアは、ブライト仕上げまたはダーク仕上げを選択でき、チタンのオプションも用意した。換気のためのオルガンストップなど、特定のコントロール類を18金の3Dプリンター造形品にすることもできる。

◆W12気筒エンジンの花道を飾る車両に
マリナー・バトゥールは、ベントレー史上、最強のパワートレインを搭載する。直噴6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボエンジンは、新設計の吸気システム、アップグレードされたターボチャージャー、新設計のインタークーラー、キャリブレーションの見直しによって、最大出力740ps、最大トルク102kgmを獲得している。

ベントレーが電動化へと移行する中で、W12エンジンの終焉が近づいている。W12の引退を前に、そのパフォーマンスは最高レベルに引き上げられた、と自負する。バトゥールは、W12エンジンの花道を飾る車両として、相応しいという。

バトゥールのW12エンジンには、8速ダブルクラッチトランスミッションを組み合わせた。スポーツエキゾーストがパフォーマンスに応じたサウンドを奏でる。エキゾーストシステム全体はチタン製。フィニッシャーは、ベントレー初となるチタンの3Dプリンター造形品としている。

  • ベントレー・マリナー・バトゥール
  • ベントレー・マリナー・バトゥール
  • ベントレー・マリナー・バトゥール
  • ベントレー・マリナー・バトゥール
  • ベントレー・マリナー・バトゥール
  • ベントレー・マリナー・バトゥール
  • ベントレー・マリナー・バトゥール
  • ベントレー・マリナー・バトゥール
  • ベントレー・マリナー・バトゥール
  • ベントレー・マリナー・バトゥール

[提供元:レスポンス]レスポンス