スバル レヴォーグ/WRX S4、自動消灯機能やリレーアタック対策を追加

  • スバル レヴォーグ
SUBARU(スバル)は11月24日、3ナンバー4WDステーションワゴン『レヴォーグ』および4WDスポーツセダン『WRX S4』の一部改良モデルを発表した。

レヴォーグは、先進安全、スポーティ、ワゴン価値の3つをスバルの先進技術で進化させたパフォーマンスワゴン。WRX S4は優れた走行性能と4ドアセダンの実用性を兼ね備えたスバルの4WDパフォーマンスを象徴するモデルだ。

今回の一部改良では、ヘッドランプ/室内灯消し忘れ時の自動消灯機能を追加。さらに、リレーアタック対策として、スマートキーへスリープ機能、およびモーションセンサーを搭載した。また、ライティングスイッチの操作性を見直し。「車幅灯/尾灯&OFF」を1ポジションから、「車幅灯/尾灯」と「OFF」に分け、2ポジションに変更した。

価格はレヴォーグが310万2000円から482万9000円。WRX S4が400万4000円から482万9000円。


  • スバル レヴォーグ
  • スバル  WRX S4
  • スバル レヴォーグ

[提供元:レスポンス]レスポンス