ポルシェ 911『ダカール』に「パリダカ」優勝車に敬意のパッケージ…ロサンゼルスモーターショー2022

  • ポルシェ 911 ダカールの「ラリーデザインパッケージ」(ロサンゼルスモーターショー2022)
ポルシェは11月17日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2022において、2ドアスポーツカー「911」シリーズの新モデル『911ダカール』(Porsche 911 Dakar)の「ラリーデザインパッケージ」を初公開した。

世界限定2500台の911ダカールは、ポルシェ911のコンセプトが持つ無限大の可能性を示すとともに、1984年の「パリ・ダカールラリー」におけるポルシェ初の総合優勝を連想させることを狙った。この重要な勝利が、ポルシェ911の4輪駆動モデルの誕生につながったという。そのため、911ダカールには、アイコニックな優勝車を彷彿とさせるラリーデザインパッケージがオプションで設定された。

◆パリ・ダカールラリーの優勝車をイメージした外装
オプションのラリーデザインパッケージは、ホワイト/ジェンシャンブルーメタリックのツートンカラー仕上げを基本にしている。標準モデルのツートンカラー塗装とラッピングの組み合わせは、ポルシェとしては初めての試みだ。

車両のサイドには、1から999までのレースナンバーを選択することができる。1984年のパリ・ダカールラリー優勝車の外観を再現した911ダカールのラリーデザインパッケージ仕様車は、レッドとゴールドのデコレーティブストライプに加えて、ドアに「Roughroads(ラフロード)」のロゴがあしらわれる。このロゴは登録商標で、911ダカールのコンセプトとオフロード走行への適合性を示しているという。

さらに、ラリーデザインパッケージには、ロールオーバーバー、6点式シートベルトを備えたラリースポーツパッケージもオプションとして用意されている。

◆オプションで補助ライト付きのルーフバスケットを設定
ポルシェ911ダカールのルーフには、オプションのルーフバスケットの補助ライト用12V電源コンセントが見えるように設置されている。42kgの耐荷重を備えたこのキャリアには、燃料や水筒、折りたたみ式シャベル、トラクションボードなどのラリー装備を問題なく積載することができる。なお、ルーフバスケットに装着されたライトの一般公道での使用は禁止されている。911ダカールには、テクイップメントとしてルーフテントも用意されている。

インテリアには、フルバケットシートを標準装備した。リアシートを取り除くことで、911ダカールのスポーツカーとしての意気込みを強調しているという。軽量ガラスと軽量バッテリーによる軽量化によって、車両重量は『911カレラ4 GTS』(PDK仕様)より10kg重い1605kgに抑えられた。

911ダカールのインテリアを決定づける特長が、シェイドグリーンのデコレーティブステッチを施した標準装備の「Race-Tex」トリムだ。また、エクステリアのメタリック仕上げも911ダカール専用とした。

◆引き上げられた車高とランプ角は既存のSUVに匹敵
オプションのサマータイヤのピレリ「P Zero」とウインタータイヤにも、2層のカーカスプライを備えた仕様が用意される。標準装備のオールテレーンタイヤは、公道でもスポーツカーのようなダイナミクスを発揮するという。

引き上げられた車高とランプ角は、既存のSUVに匹敵する、と自負する。リフトシステムは、低速走行時に障害物を乗り越えるために設計されているだけでなく、専用チューニングされたサスペンションに一体化されている。170km/h以下の速度の時に、「ハイレベル」設定を利用してオフロードアドベンチャーを楽しむことができるという。速度が170km/hを超えると、車高は自動的に通常の位置まで下がる、としている。

  • ポルシェ 911 ダカールの「ラリーデザインパッケージ」(ロサンゼルスモーターショー2022)
  • ポルシェ 911 ダカールの「ラリーデザインパッケージ」(ロサンゼルスモーターショー2022)
  • ポルシェ 911 ダカールの「ラリーデザインパッケージ」(ロサンゼルスモーターショー2022)
  • ポルシェ 911 ダカールの「ラリーデザインパッケージ」
  • ポルシェ 911 ダカールの「ラリーデザインパッケージ」
  • ポルシェ 911 ダカールの「ラリーデザインパッケージ」
  • ポルシェ 911 ダカールの「ラリーデザインパッケージ」
  • ポルシェ 911 ダカールの「ラリーデザインパッケージ」
  • ポルシェ 911 ダカールの「ラリーデザインパッケージ」
  • ポルシェ 911 ダカールの「ラリーデザインパッケージ」

[提供元:レスポンス]レスポンス