BEVを所有するハードルを下げた…青山尚暉【日本カーオブザイヤー2022-2023】

  • 日産サクラ
43回目の開催となる今年度の「2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー」が12月8日に決定した。“今年を代表する1台”に選ばれたのは、日産サクラ』/三菱『eKクロスEV』だ。

選考委員の青山尚暉氏は、サクラ/eKクロスEVに満点の10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HPに掲載された青山氏のコメントだ。

☆☆☆

2022年はBEVが国内外の自動車メーカーから大挙登場した年。中でも軽規格の日産サクラと三菱eKクロスEVは価格、サイズともに、日本においてBEVを所有するハードルを下げ、都市部から地方まで、普及を一気に加速させる、誰もが選択しやすいBEVであり、その走行性能や内外装デザインは軽自動車の域を大きく超えた上質さを備え、先進運転支援機能や安全装備、コネクテッド機能も充実。カーボンフリーに突き進む今、もっとも価値ある1台。実体験上、愛犬とのお出かけにも最適。

☆☆☆

青山氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
●トヨタ・クラウン:5点
●日産サクラ/三菱eKクロスEV:10点
●ホンダ シビック e:HEV/シビックタイプR:6点
●マツダCX-60 e-SKYACTIV D3.3:3点
●ルノー・アルカナ:点

各賞
●日本カー・オブ・ザ・イヤー:日産サクラ/三菱eKクロスEV
●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:ヒョンデ・アイオニック5
●デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:BMW iX
●テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:日産 エクストレイル
●パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー:ホンダ シビック e:HEV/シビックタイプR
●K CAR オブ・ザ・イヤー:日産サクラ/三菱eKクロスEV

今年度のエントリーは、2020年11月1日から2021年10月31日までに発表または発売された乗用車国内外の全29モデル。自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60名の選考委員により、まず上位10モデルの「10ベストカー」を選定、さらにそれらの中から投票により決定した。委員はそれぞれ25点の持ち点を10車種(10ベスト)のうち5車種に配点し、それらのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。また、10点を与える車種は1車種とする。

輸入車の中で最多得票の車にはインポート・カー・オブ・ザ・イヤーが送られる。輸入車・国産車を通じて輸入車が最多得票だった場合には、そのまま大賞となる。

  • 日産サクラ
  • 日産サクラ
  • 日産サクラ
  • 三菱eKクロスEV
  • 三菱eKクロスEV
  • 三菱eKクロスEV
  • ホンダ・シビック
  • ホンダ・シビック

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road