サクラ/eKのダイナミックな走りに驚く…九島辰也【日本カーオブザイヤー2022-2023】

  • 日産サクラ
“今年を代表する1台”に選ばれたのは、日産サクラ』/三菱『eKクロスEV』だ。43回目の開催となる今年度の「2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー」が12月8日に決定した。日産/三菱の兄弟車は「K CAR オブ・ザ・イヤー」にも選ばれている。

選考委員の九島辰也氏は、サクラ/三菱eKクロス EVに満点の10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HPに掲載された九島氏のコメントだ。

☆☆☆

高効率をもっとも必要とする軽自動車においてEVは効率的ではないと思われていたのを覆しました。パッケージング、走り、省エネの部分で成功していると言えます。特にダイナミックな走りには驚かされました。

☆☆☆

九島辰也氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
●トヨタ・クラウン:6点
●日産エクストレイル:5点
●日産サクラ/三菱eKクロス EV:10点
●ホンダ・シビック e:HEV/シビックタイプR:3点
●ヒョンデ・アイオニック5:1点

各賞
●日本カー・オブ・ザ・イヤー:日産サクラ/三菱eKクロスEV
●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:ヒョンデ・アイオニック5
●デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:BMW iX
●テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:日産 エクストレイル
●パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー:ホンダ シビック e:HEV/シビックタイプR
●K CAR オブ・ザ・イヤー:日産サクラ/三菱eKクロスEV

今年度のエントリーは、2021年11月1日から2022年10月31日までに発表または発売された乗用車国内外の全48モデル。自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60名の選考委員により、まず上位10モデルの「10ベストカー」を選定、さらにそれらの中から投票により決定した。委員はそれぞれ25点の持ち点を10車種(10ベスト)のうち5車種に配点し、それらのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。また、10点を与える車種は1車種とする。

輸入車の中で最多得票の車にはインポート・カー・オブ・ザ・イヤーが送られる。輸入車・国産車を通じて輸入車が最多得票だった場合には、そのまま大賞となる。

  • 日産サクラ
  • 日産サクラ
  • 日産サクラ
  • 日産サクラ
  • 三菱eKクロスEV
  • 三菱eKクロスEV
  • 三菱eKクロスEV
  • 三菱eKクロスEV
  • トヨタ・クラウン
  • 日産エクストレイル

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road