AI自動運転機能搭載のレクサス RX450h、チューリングが市販1号車を発売

  • THE 1st TURING CAR
TURING(チューリング)は1月20日、自社開発のAI自動運転システムを搭載した『THE 1st TURING CAR』を1台限定で発売すると発表した。

チューリングは、将棋ソフト「Ponanza」の開発者としても知られるプログラマーの山本一成氏と、GMで自動運転ソフトウェアの設計・開発を担当したエンジニア 青木俊介氏が2021年に設立したスタートアップ企業。「テスラを超える自動車メーカーを作る」を目標にAI自動運転システムの開発に取り組んでいる。

従来の自動運転/運転支援技術は、多種多様なセンサーや周辺領域の高精度3次元データなどを用いて動きを制御するというアプローチをとることがほとんどだった。一方、チューリングのAI自動運転機能は特殊なセンサー等を用いず、フロントガラスに取り付けたカメラで読み込んだ画像データから、白線や前走車をAIが検知/判断し車両を操作する。今回発売するTHE 1st TURING CARはレクサスRX450h』をベース車両として、チューリングが自社開発したAI自動運転システムと、オリジナルエンブレムが搭載。チューリングとして初めてエンドユーザー向けに販売する製品となる。なお、今回のAI自動運転機能はドライバーが主体であり、システムは運転を支援する役割にとどまる。

チューリングは自動運転システムをつくる会社ではなく、車両開発まで含めた「完成車メーカー」になることを目指している。今回のTHE 1st TURING CARはその第一歩となる製品。同社では自社での車両生産体制を構築し、2025年に100台、2030年には1万台の生産と販売を目指す。


  • THE 1st TURING CAR
  • チューリングのAI自動運転機能(イメージ)
  • チューリングオリジナルエンブレム
  • チューリング 共同創業者CTO 青木俊介氏

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road