雪道での自動運転はハードルが高い! 北海道東川町で試運行を開始

  • 雪道での自動運転はハードルが高い! 北海道東川町で試運行を開始
自動運転サービスの実用化を目指すボードリーは、北海道・東川町で、雪道での自動運転バスの試運行を3月6日に開始した。

雪道は滑りやすいなど、路面状態が不安定で、センサーでの検知も難しいことから、自動運転実現のハードルが高い。雪道で安全な自動運転技術の確立に向けて、試運行する。

今回の雪道での走行検証では、ボードリーが協力して2022年12月から自動運転バスの定常運行を行っている北海道上士幌町で得たノウハウをベースに、降雪量や気温などの気象条件が異なる東川町で、除雪によってできる雪山を想定したルートを設定した。雪道での走行に必要なオペレーションを検証し、降雪地域でも安定した運行を実現するための体制構築を目指す。

試運行では、ボードリーが自動運転バスの運行業務を担当し、セネックがボードリーが開発した運行管理プラットフォーム「ディスパッチャー」を使用して自動運転バスを遠隔監視する。

試運行は3月6日から10日まで、東川町の町役場や道の駅「道草館」などを運行する1周約2.6kmのルートで、自動動運転バス、ナビヤ『アルマ』を使用する。

試運行では、雪道における自動運転バスの走行を検証するとともに、町役場や道の駅周辺などの町内で交通量が多い市街地で、関係者向け試乗会を実施して社会的な受容性を調査する。1日約15便(調査研究用が約12便、試乗会用が3便)で運行する。

試運行を前に2月に実施した運行ルート上での試験走行では、積雪後の道路環境を整備した結果、信号のある交差点を除いた区間で、車内のオペレーターがコントローラーを一切操作しない「無介入」での自動走行を達成した。3月に入って気温が上昇したことで、融雪により大きな水たまりができ、路面が滑りやすくなったほか、路肩に除雪した雪が車道に崩れ落ちるるなど環境環境は過酷になっている。試運行では、こうした環境下でも安定して走行するため、環境変化に応じて道路環境も整備する。

同社は、将来的な東川町での自動運転バスの定常運行を目指し、試運行の結果を踏まえて、地域の交通事業者と協議する。

  • 雪道での自動運転はハードルが高い! 北海道東川町で試運行を開始
  • 雪道での自動運転はハードルが高い! 北海道東川町で試運行を開始
  • 雪道での自動運転はハードルが高い! 北海道東川町で試運行を開始
  • 東川町内の「幼児センター」前を走行する自動運転バス
  • バス停付近の除雪方法
  • バス停付近の除雪方法
  • 自動運転バスの走行ルート

[提供元:レスポンス]レスポンス