軽量3輪EVスポーツの開発に着手、プロトタイプ発表…英モーガン

  • モーガン・スーパー3 をベースにしたEVプロトタイプ「XP-1」
英国のモーガン・モーター・カンパニー(Morgan Motor Company)は12月6日、3輪スポーツカー『スーパー3』をベースにしたEVプロトタイプ「XP-1」を発表した。将来のEVスポーツの市販化につなげる実験車の役割を担う。

XP-1は、スーパー3のアルミ製プラットフォームがベースだ。この車台に、XP-1のために特別に設計されたEVパワートレインを搭載する。バッテリー、モーター、インバーターを組み合わせたEVパワートレインには、モーガンのエンジニアが走行特性をミックスしたさまざまな走行モードを作り出すために、速度に応じてスロットルと回生レベルを変化させるキャリブレーションが施された。

モーガンの114年の歴史と同様、将来のEVスポーツも軽量さが重視される。そのため、XP-1の重量はベース車両のスーパー3と同等とした。XP-1は急速充電が可能な「CCS(Combined Charging System)」に対応しており、双方向充電機能も備えている。さらにXP-1は、モーガンとして初めて、電動パーキングブレーキ(EPB)を搭載した。

XP-1は、走行特性やパワートレインの実験だけでなく、モーガンがより幅広いEV技術とデザイン、とくにエアロダイナミクスに対する知見を深める上でも役立っているという。XP-1は、航続と効率を向上させるためにフロントエンドの空力特性を変更しており、これらの改良により、空気抵抗係数を33%低減した。

特注のインテリア・ディスプレイは、ユーザー・インターフェース(UI)に関する研究開発を可能にする。XP-1のディスプレイは継続的に進化し、エンジニアとデザイナーは、ユーザーがどのように車両と接するか、また将来のスポーツカーで重要な車両情報を伝える最良の方法について、フィードバックを集めることができるという。XP-1のその他の特長には、フロントカウルを囲む外部充電レベルインジケーターLEDや、新しいエアロダイナミックホイールなどがある、としている。

  • モーガン・スーパー3 をベースにしたEVプロトタイプ「XP-1」
  • モーガン・スーパー3 をベースにしたEVプロトタイプ「XP-1」
  • モーガン・スーパー3 をベースにしたEVプロトタイプ「XP-1」
  • モーガン・スーパー3 をベースにしたEVプロトタイプ「XP-1」
  • モーガン・スーパー3 をベースにしたEVプロトタイプ「XP-1」
  • モーガン・スーパー3 をベースにしたEVプロトタイプ「XP-1」
  • モーガン・スーパー3 をベースにしたEVプロトタイプ「XP-1」
  • モーガン・スーパー3 をベースにしたEVプロトタイプ「XP-1」
  • モーガン・スーパー3 をベースにしたEVプロトタイプ「XP-1」
  • モーガン・スーパー3 をベースにしたEVプロトタイプ「XP-1」

[提供元:レスポンス]レスポンス