驚異のパフォーマンス向上! 最新スパークプラグの技術とその効果~カスタムHOW TO~

  • 驚異のパフォーマンス向上! 最新スパークプラグの技術とその効果~カスタムHOW TO~
スパークプラグはガソリンエンジンにとって重要な存在。圧縮した混合気、今どきの直噴エンジンだと圧縮した空気にガソリンを噴射し、そこに火花を飛ばして着火させ爆発させる。プラグがなければエンジンは始動してくれない。

◆長寿命化しているスパークプラグは本当にメンテナンスフリーなのか?
昔は定期的なメンテナンスが欠かせない部品だった。汚れていたら金ブラシで掃除して、中心電極と外側電極の端子の隙間を測定して調整。このギャップ調整も欠かせないものだった。

しかし、現在はメンテナンスフリーがほとんど。中心電極には白金などの金属が使われ、10万km近くも使用できるものが多い。自動車メーカー出荷時にそういったプラグが使われていて、指定距離まではそのまま使えるというのだ。

しかし、それはフルノーマルでシビアコンディションではなく、普通に乗ったときの話。チューニングでエアクリーナーやマフラーを交換しているとか、ECU書き換えチューンでブーストアップしているとかであれば、そんな距離まで使うのはまったくオススメできない。

エンジンパワーを引き出すチューニングを行えば、必然的にプラグに対する要求や負荷も高まっている。純正プラグでもすぐにトラブルが起きることはないが、純正指定距離の半分以下では交換しておきたい。

◆手軽にパワーアップ出来るECUチューンはプラグ交換も推奨
そもそも、ECUチューンなどを行うなら、そのときに適切なプラグに交換するべきなのだ。とくに現車合わせと言って、実際にシャシーダイナモを回したり、実際に走行しながらECU(エンジン・コントロール・ユニット)のデータを書き換えて、パワーを引き出す場合、プラグとエアクリーナーフィルターは新品にしておくのが常識。どちらももっともフレッシュな状態にECUを合わせたほうが効果を引き出しやすいわけだ。

そのときにどんなプラグを選択すればいいかはプロショップの判断を仰ぎたい。エンジン内部が熱を持ちやすくなるなら熱価を上げて放熱しやすいプラグにする必要があるが、やりすぎは冷間時の始動がシビアになるなどマイナス面もある。

また、プラグの種類も良かれとプラチナやイリジウムなどのレアメタルを使ったものを選びたくなる。そういったプラグが高性能なのは間違いないが、チューニングとマッチするかは一概には言えない。

チューナーによっては、レーシングプラグを指定していたり、純正プラグを指定していたりするので、その判断に従ってもらいたい。

素人判断で高級なプラグにすればもっとよくなると思いたいところだが、チューニングとの相性もあるので安易な判断は危険なのだ。

◆プラグが劣化すると何が起きるのか? 重大事故に繋がる重要部品
プラグは燃焼室に直接刺さっている。ドラッグレースなどのハードなチューニングの世界では、プラグの外側電極が溶け落ちてピストンに穴が空いてエンジンブローしてしまうこともある。

そういったトラブルに直結するのがプラグ選びなので、安易な判断はせずプロショップやチューニングパーツメーカーの指定プラグを使うようにしてもらいたい。

そしてプラグは徐々に劣化する。何も問題ないのが普通で「変えなくてもいいかな」なんて思っているタイミングで新品に交換すると、アクセルレスポンスが良くなり、ビックリするほどフィーリングがよくなることもある。

実際、筆者もスイフトスポーツでブーストアップをしたが純正プラグのまま数万kmを走行。最近エンジンのフィーリングがざらつく感じがあり、加速時の音もやや乱れているような感じだった。

そこでプラグを新品にしたところ、驚くほど滑らかにエンジンは回り、加速時のトルク感も高まった。それほどまでにプラグは劣化してきていたのだった。

エンジン関係がノーマルなら、プラグメーカーの高性能プラグに交換するのはオススメのカスタマイズ。たとえばNGKのRXプラグは外側電極に極小のチップを配置し、そのチップから点火する。

すると火花の真上には外側電極がないので、燃焼室内が均一に燃えや広がりやすくパワーやトルクが高まり、排ガスもクリーンにする効果を持つ。そういった最新技術が凝縮されたプラグが登場している。

  • 驚異のパフォーマンス向上! 最新スパークプラグの技術とその効果~カスタムHOW TO~

[提供元:レスポンス]レスポンス