お住まいの地域:変更

購入を希望される地域を設定いただくと、お近くのクルマのご提案や輸送費目安、最寄り店舗情報を表示します。
「地域設定」を変更される場合は、左記の「変更」より設定ください。

車両検査証明書

「トヨタ認定車両検査員」が
クルマの状態をくまなく検査し評価
だれでも中古車の状態がすぐにわかるよう、プロが客観的に評価。
修復歴はもちろん、わずかなキズも正確にお伝えします。

車両検査証明書とは

車両検査証明書とは、トヨタの認定検査員により、
クルマの状態を点数と図解で表示したもので、
総合評価は11段階、内装・外装は5段階で点数表示しています。
外装は、キズの程度と場所がひと目で分かるよう
車両展開図も記載しています。

車両検査証明書のイメージ01 車両検査証明書のイメージ01

第三者機関によるチェックも
行っています

表示項目・方法、運用体制等について、自動車公正取引協議会の定める基準に則るとともに、定期的に第三者機関による再検査を実施しています。

一般社団法人自動車公正取引協議会 監修+一般財団法人日本自動車査定協会 定期検査 一般社団法人自動車公正取引協議会 監修+一般財団法人日本自動車査定協会 定期検査

評価点(総合評価)の見方

クルマの状態を評価して、結果を点数で表示しています。
クルマの総合的な評価をS~Rの11段階で評価。外装および内装は、それぞれA~Eの5段階で評価しています。

総合評価の評価点とその目安

車両検査証明書のサンプル1 このクルマの走行距離と全体的なクルマの状態から判断し、総合評価は「4.5」と表示しています。前後の評価の項目もご覧いただくと参考になります。 車両検査証明書のサンプル1 このクルマの走行距離と全体的なクルマの状態から判断し、総合評価は「4.5」と表示しています。前後の評価の項目もご覧いただくと参考になります。
総合評価の評価点とその目安の表

修復歴とは

基本的な考えは、「車体部(主に内側)の骨格部分の損傷により、部位交換あるいは修正・修復したもの」です。なお、外板部分の部位交換、修正・修復は、修復歴とはなりません。

  • ※修復歴の基準については、日本自動車査定協会の査定基準に準じております。
総合評価の評価点とその目安の表

外装・内装の評価点とその目安

車両検査証明書のサンプル2 このクルマは年式相応の軽微なキズだけの良好な状態でしたので、外装評価は上から2番目の「B」評価を表示しています。内装もいたみ、汚れなどは少なく良好でしたので、上から2番目の「B」評価を表示しています。 車両検査証明書のサンプル2 このクルマは年式相応の軽微なキズだけの良好な状態でしたので、外装評価は上から2番目の「B」評価を表示しています。内装もいたみ、汚れなどは少なく良好でしたので、上から2番目の「B」評価を表示しています。
外装・内装の評価点とその目安の表 外装・内装の評価点とその目安の表

車両展開図の見方

クルマのどこにどんなキズがあるのかを図と記号で表示しています。

車両展開図の見方

例えばボンネットのA1は、キズの種類が「線キズ」、キズの状態が「極小程度」を表示しています。 例えばボンネットのA1は、キズの種類が「線キズ」、キズの状態が「極小程度」を表示しています。

車両外装のキズの種類/状態のイメージ

外装・内装の評価点とその目安の表1 外装・内装の評価点とその目安の表1
外装・内装の評価点とその目安の表2
  • ※イメージ写真は、キズの程度を目安として表しています。
  • *「X」は要交換の部位を示す際に使用しますが、以下の部位では割れ、
    補修跡等があることを表し、使い方が異なります。
  • ■対象部位…ガラス・バンパー・幌・スクリーン
    (例)フロントガラス「X1」 : 1cm程度の割れまたは補修跡
Page Top