トヨタU-Car 購入豆知識

(予算、購入方法について)

中古車の購入にあたって、支払い総額費用はどれくらいかかるのでしょうか?

車両本体の価格に加え、以下の諸費用がかかります。

主な費用項目は以下の通りです。

1)税金・保険料
①自動車税
②自動車取得税
③自動車重量税(車検残のあるクルマは不要)
④自賠責保険料
自動車保険(任意保険)は、別途費用がかかります。

2)その他、諸費用
①検査登録手続き代行費用
②車庫証明手続き代行費用
③納車費用
④下取車手続き代行費用
⑤下取車査定料
⑥預り法定費用
⑦公正証書作成費用
⑧リサイクル預託金相当額

消費税は車両本体価格・一部諸費用にかかります。(税金・保険・法定費用には無税)
その他に、整備をしていないクルマについて整備をお求めの場合、別途整備費用がかかります。
サイトの各物件詳細に“定期点検整備あり(納車時)”“定期点検整備済”と記載されているものは、整備費用は本体価格に含まれています。

条件によって変わりますが、目安としては車両本体価格の他に、10~30万円程の費用がかかります。
お目当ての車があれば、オンラインでも店頭でも見積りを出してもらえるので、まずは気軽にトヨタ販売店に問い合わせてみましょう。

1)税金・保険料

①自動車税
排気量に応じて税率が変わる都道府県税です。
年度途中に購入した場合は、登録した翌月から年度末までの未経過相当額を支払う仕組みになっています。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 参考
年税額
1000cc以下 27,000 24,500 22,100 19,600 17,200 14,700 12,200 9,800 7,300 4,900 2,400 - 29,500
1001cc~1500cc 31,600 28,700 25,800 23,000 20,100 17,200 14,300 11,500 8,600 5,700 2,800 - 34,500
1501cc~2000cc 36,200 32,900 29,600 26,300 23,000 19,700 16,400 13,100 9,800 6,500 3,200 - 39,500
2001cc~2500cc 41,200 37,500 33,700 30,000 26,200 22,500 18,700 15,000 11,200 7,500 3,700 - 45,000
2501cc~3000cc 46,700 42,500 38,200 34,000 29,700 25,500 21,200 17,000 12,700 8,500 4,200 - 51,000
3001cc~3500cc 53,100 48,300 43,500 38,600 33,800 29,000 24,100 19,300 14,500 9,600 4,800 - 58,000
3501cc~4000cc 60,900 55,400 49,800 44,300 38,700 33,200 27,700 22,100 16,600 11,000 5,500 - 66,500
4001cc~4500cc 70,100 63,700 57,300 51,000 44,600 38,200 31,800 25,500 19,100 12,700 6,300 - 76,500
4501cc~6000cc 80,600 73,300 66,000 58,600 51,300 44,000 36,600 29,300 22,000 14,600 7,300 - 88,000
6001cc~ 101,700 92,500 83,200 74,000 64,700 55,500 46,200 37,000 27,700 18,500 9,200 - 111,000
軽四乗用車 - - - - - - - - - - - - 7,200
軽四貨物車 - - - - - - - - - - - - 4,000

グリーン化特例適用車は税額が変わる場合がありますので、別途ご確認ください。

初年度登録から11年(ディーゼル車)/13年(ディーゼル車以外)以上経過している車は税額が変わります。

②自動車取得税
取得価格の3%(軽自動車、営業用自動車は2%)が納税額の都道府県税です。
取得価格50万円以下のクルマは免税されます。

③自動車重量税
クルマの車両重量に対して課税される国税です。下記表のように課税額が変わります。
新車登録時や車検時に車検期間分を前払いする税金で、車検残がある中古車は支払う必要がありません。

車検期間 1年 2年 3年
~0.5t 4,100 8,200 12,300
0.5~1t 8,200 16,400 24,600
1~1.5t 12,300 24,600 36,900
1.5~2t 16,400 32,800 49,200
2~2.5t 20,500 41,000 61,500
2.5~3t 24,600 49,200 73,800
軽自動車 - 6,600 9,900

エコカー減免適用車、次世代車は税額が変わる場合がありますので、別途ご確認ください。

初年度登録から13年以上経過している車は税額が変わります。

事業用車両の場合、税額が変わる場合がありますので、別途ご確認ください。

④自賠責保険
自動車の保有者に加入が義務づけられている保険です。
新車登録時や車検時に車検期間分を前払いする仕組みになっており、車検残のある中古車は登録月から次の車検期間分までの未経過相当額を支払う仕組みになっています。

  12ヶ月 13ヶ月 24ヶ月 25ヶ月 36ヶ月 37ヶ月
自家用乗用車 15,520 16,380 25,830 26,680 35,950 36,780
軽自動車 15,130 15,960 25,070 25,880 34,820 35,610

この保険料は、平成29年4月1日以降始期のご契約に適用します。

沖縄県、離島など一部地域については上記保険料例と異なります。

2)各種諸費用

①検査登録手続き代行費用
運輸支局に、名義変更や車検証の申請手続きを販売店が代行する費用です。

②車庫証明手続き代行費用
車庫証明の申請手続きを販売店が代行する費用です。

③納車費用
お客様の元へクルマを運ぶためにかかる費用です。

④下取車手続き代行費用
下取車の名義変更などの諸手続きを販売店が代行する費用です。
下取車がない場合、費用は発生しません。

⑤下取車査定料
下取車を査定する費用です。下取車がない場合、費用は発生しません。

⑥預り法定費用
各種の申請を行う際に必要となる印紙代です。

⑦公正証書作成費用
ローンでの支払い時に、クルマの支払いができなくなった時に差し押さえをするなど、法的な強制執行できる証書の作成費用です。ほとんどの場合、公正証書を作成することがなく費用はかかりませんが、高額なクルマを購入する際に必要となります。

⑧リサイクル預託金相当額
リサイクル法に基づき、クルマ購入時にお支払いいただく費用です。金額は、車種によって異なります。

中古車の購入にあたってローンを組みたいのですが、可能でしょうか?

ご契約に関することにつきましては、ご購入予定の販売店に、直接お問合せいただき、ご確認下さい。

おススメの買い方、今人気の買い方は?

各販売店で様々なプランが準備されています。
最近は、保証とは別に長期のメンテナンス(オイル交換など)も込みにした、ローンでの購入が人気です。
車を購入すると、ガソリン代や保険料以外にもオイル交換や、定期点検といったメンテナンスが必要になります。
そうした費用を先に組み込むことで、急な出費を抑えることもできます。

(クルマ選びについて)

自分の目当ての中古車を探す良い方法とは?

まずは、どのような用途で使用するかを検討し、大まかな車両タイプなどを決めるといいでしょう。
買い物など日常で使うのか、レジャーで遠出する足として使うのか、はたまたお仕事に使うのか。
用途により、どのような車にするかの方向性が決まります。
絞って探すも良いですが、特に希望がなければ、販売店スタッフと相談しながら、様々な車を見てみてはいかがでしょうか。

中古車選びのポイントとは?

まずは第一印象を大切にするのが良いと思います。そして次に大事なのは「内装」です。理由としては購入してからお客様ご自身で一番触れる部分だからです。
臭い、パネルのキズなど些細な部分も乗る度に気になるものなので、是非お店で車両を見ていただいた方が良いでしょう。

「まるごとクリーニング T-Value」なら内外装ともに高品質洗浄を実施していますし、パッと見て分からない部分は記録簿、車両検査証明書をチェックし、状態を確認することも重要です。
また、購入後の故障の不安には、メーカー年式を問わず、走行距離無制限の1年間の無料保証もついているので安心です。

“修復歴あり”というクルマはどういうクルマでしょうか?

自動車公正取引協会の定義に則り、車体の骨格に当たる部位の修正あるいは交換歴のあるクルマのことです。
車体の骨格にあたる部位は、以下の8つの部位になります。
この部位以外の部位についてキズ、ヘコミの修正、部品交換をしたものは、「修復歴あり」とは呼びません。

部位名称一覧図
部位名称一覧図
  1. ①フロントクロスメンバー
  2. ②フロントインサイドパネル
  3. ③フレーム
  4. ④ダッシュパネル
  5. ⑤ルームフロアパネル
  6. ⑥ピラー
  7. ⑦ルーフパネル
  8. ⑧トランクフロアパネル

ハイブリッド車の故障が心配です。

「T-Value ハイブリッド」は通常の「T-Value」の3つのサービスに加え、保証期間内であればハイブリッド機構の無償修理が受けられる「U-carハイブリッド保証」がついています。保証期間は初年度登録から10年目まで、もしくは3年間のいずれか長い方になります。但し、累計走行距離が20万キロまでとなります。

“ロングラン保証”の保証内容について教えて下さい

ロングラン保証につきましては、こちらをご覧下さい。

遠方の販売店にある中古車を購入することはできますか?

クルマを展示している販売店に、直接お問合せいただき、ご確認下さい。

積極的に県外のお客様に販売している販売店もあれば、県内、または近県のお客様に限定している販売店もありますので、直接販売店にお問合せ下さい。

なお、トヨタ販売店は、全国約5,000ヶ所のサービスネットワークをもっております。
遠方の販売店で購入された中古車においても、アフターサービス(車検、点検・整備、修理等)は、お近くのトヨタ販売店で承りますので、お気軽にご来店下さい。
また、万一、トヨタ販売店で購入後にクルマに故障が発生した場合でも、トヨタU-Carは走行距離無制限1年間無料保証のロングラン保証が付いていますので、保証範囲の故障であれば、お近くのトヨタ販売店で無償修理を受けることができます。
詳しくは、ロングラン保証内容をご確認下さい。

一部ロングラン保証をお付けできない車両もございます。詳しくは購入時に、販売店スタッフにおたずね下さい。

掲載されている車は、取り置き(仮予約)ができるのでしょうか?

展示している販売店に直接お問合せいただき、ご確認下さい。

(商談と契約について)

買う車を決めていないとお店に行ってはいけないのでしょうか?

購入の意思がなくてもご来店頂ければと思います。トヨタのお店はもっと敷居を下げて、気軽にお話に来て下さるような場所になれば良いと思いますし、お客様が実際に購入したくなった段階で、トヨタ販売店より商品や買い方など色々とご提案できればと思います。

初めての中古車を買う際に、店員さんに確認すべきポイントは?

車の購入に当たっては、必要な書類や事前準備も多数あります。
初めての購入となると分からないことが多いと思うので、準備すべき書類などは購入手続き前に必ず確認しておきましょう。
また、中古車のトラブルとなりやすいのが保証です。
万が一に備えてどのような保証があるのか、しっかりと確認しておくことも重要です。
なお、「T-Value」では、1年間のロングラン保証がついており、全国約5,000箇所で保証修理が受けられる体制が整っています。

車の状態・事故歴などは詳しく教えてもらえますか?

「T-Value」では認定検査員による検査が行われ、各車両に「車両検査証明書」が発行されます。11段階の総合評価、内装・外装は5段階で点数表示されます。もちろんどの部分を修復したかも分かるように車両展開図に記載されるので、こちらをチェックすればどのような状態なのか、一目で把握することが可能です。また、ワンオーナーかどうかといったこともスタッフに聞いていただければ、詳しく教えてもらえます。

中古車も試乗できるのでしょうか?

試乗可能なものもありますので、直接販売店に問い合わせてみて下さい。
試乗が出来ない場合でも、車に乗り込んでいただくだけでもトヨタのお店の中古車(T-Value)の良さが実感できます。
※販売店の在庫状況や車両の車検有無により、全ての車で試乗できるわけではありません。

購入後にキャンセルはできるのでしょうか?

ご契約に関することにつきましては、ご購入予定の販売店にお問合せいただき、ご確認下さい。

納車までどれくらいの日数がかかりますか?

契約から納車まで、およそ10日程かかります。
クルマ購入(ご契約)から納車までの流れにつきましては、以下のようになります。

納車までの流れ図
納車までの流れ図

販売店の稼働日、必要書類の提出タイミングによって、多少前後します。
詳しくは、購入時に販売店スタッフにご相談下さい。

中古車の購入にあたってどのようなものを準備する必要があるのでしょうか?

新車・中古車を問わず、クルマの購入にあたっては、以下の書類等が必要になります。
詳しくは、購入時に販売店スタッフにご確認下さい。

◆クルマ購入に必要な書類
必要書類 内容
印鑑証明 車両登録に必要な書類です。お客様にて、住民登録されている市町村区の役所から取り寄せていただく書類です。印鑑登録をしていない方は、役所で登録することが必要です。
委任状 登録の手続きを販売店に委任するための書類です。販売店にて準備する書類です。お客様には、委任状に名前のご記入、実印の押印をいただきます。
保管場所使用
承諾証明書
賃貸の駐車場にてクルマを保管される場合に必要になる書類です。ご契約されている管理者の方のサイン、押印が必要になります。
車庫証明申請書 クルマの保管場所を管轄する警察署に申請して、警察の確認後に交付される証明書です。販売店にて書類の準備から、作成、車庫証明に関する手続きを代行しています。賃貸の駐車場にてクルマを保管されている場合、保管場所使用承諾証明書が必要になります。ご自宅に駐車場がある場合は、車庫証明申請書の‘保管場所使用権原疎明書(自認書)’にサイン、押印いただきます。
実印 各種申請書類、委任状に押印いただきます。

また、下取車がある(クルマを売却される)場合、以下の書類も必要になります。

◆クルマ売却に必要な書類
必要書類 内容
自動車検査証 クルマの所有者・使用者などを証明するもの。
住民票 下取車の車検証の住所と印鑑証明書の住所が異なる場合に必要になります。
譲渡証明書 下取車の譲渡に合意したことを証明するための書類です。販売店にて準備する書類です。お客様には、譲渡証明書に名前のご記入、実印の押印をいただきます。
自動車納税証明書 毎年5月にクルマの使用者に送られてくる自動車税納付書の領収書が証明書になります。
Page Top