クルマで荷物を運ぶときに気をつけること「まとめ」

クルマに荷物を積もうとトランクをオープン。ここでふとした疑問が…。私のクルマって一体、何kgまでの荷物を積めるの? 車体から長い荷物がはみ出したらいけないの? そこで今回は、乗用車で荷物を運ぶときに覚えておきたいことをまとめてみました!

乗用車に「最大積載量」はない

トラックやバンといった貨物用のクルマ(商用車)の後ろに「最大積載量○○○○kg」と書かれたステッカーが貼ってあるのを見たことがあると思います。商用車は、車種ごとにそのクルマに積める重さの制限、「最大積載量」が決められており、それを超えて荷物を積むと交通違反になります。では、普段私たちが乗る乗用車の最大積載量はどれぐらいなのでしょうか?

乗用車の車検証を確認してみると、最大積載量の欄は「−kg」と表記されていて、具体的な数字は書かれていません。実は、私たちが普段使用する乗用車は「自家用」に分類され、商用車や貨物用トラックと異なり、最大積載量という概念がないのです。しかし、だからと言って、無制限に荷物を積んでいいわけではありません。では、一体どのぐらいの荷物を積むことができるのでしょうか?

普通乗用車の積載は「車両総重量」を目安に

最大積載量という概念がないため、「◯◯◯kgまでOK」という具体的な数値は出せません。ここで目安になるのが、車検証に記載される「車両重量」と「車両総重量」です。車両重量は、車体のみの重さ、車両総重量は定員まで人が乗ったときの重量。車検証では1人55kgで掲載されるため、5人乗りで車両重量が990kgのクルマの場合、「990kg+55kg×5人」で車両総重量は1265kgとなります。

つまり、「車両総重量までの重量なら問題なく積める」ということ。たとえば、990kgのクルマで2名乗車の場合は、「990kg+55kg×2人」で1100kgですから、最大積載量が1265kgなら「165kgは大丈夫」と考えられるのです。

もちろん、5人乗りのクルマなら、「5人+荷物」の重量を考えて設計されていますから、多少増えても大丈夫。日産自動車では、乗車定員に手荷物程度(定員×10kg)を加えたものがクルマに積める目安になると、ホームページで公表 しています。

なお、大きく重い荷物を積む場合、荷室に片寄らないように注意してください。重いものが片寄って積載されると、車体の重量バランスが悪くなって操縦性が悪化する可能性があります。

クルマで荷物を運ぶときのルールや注意点は?

ここまで重さについてお話してきましたが、重いものだけではなく、軽くても長いものや高さがある荷物を運ぶこともありますよね。このような「大きな荷物」を積むときのルールや目安もあるのでしょうか? 実は道交法では、クルマの積載に関して次の規定を超えての運転を禁止しています。

長さ:クルマの長さにその長さの10分の1を加えた長さ
幅:クルマの幅
高さ:3.8メートルからその自動車の積載する場所の高さを減じたもの

クルマの全長の10%を超える長さのものは積載できない。4.0mのクルマならはみ出していいのは40cmまで
車体左右にはみ出しての積載は認められていない

「制限外積載許可」により大きな荷物が運べる?

荷物によっては、どうしても分割や分解ができない大きなものもありますよね。そんなときは、「制限外積載許可」を申請してみましょう。道交法で認められない大きな荷物を積むときは、出発地を管轄する警察署に「制限外積載許可申請」し、許可を得ることで例外的に公道を走ることができるのです。

申請が許可されれば一回の運搬開始から終了までの期間、走行が可能です。走行中は、車体からはみ出したものに昼間なら0.3平方メートル以上の大きさの赤の布、夜間なら赤色の灯火又は反射器をつけること、制限外許可証を見える位置に掲示することが義務付けられています。

荷物を運ぶときは、安全第一で!

重い荷物や大きな荷物をクルマに積むとブレーキの効きが悪くなって止まりにくい、梯子などの長いものの場合は曲がりにくいなど、普段と違ったことが起こりえます。荷物を積んで走るときには、十分に注意をして、より一層の安全運転を心がけてくださいね!

(唐沢未夢+ノオト)

[ガズー編集部]