外国では通じない? カタカナだけど英語でもないクルマ用語

タイヤ、ホイールなど、クルマにまつわる専門用語にはカタカナ表記のものが多い。多くは英語に由来するもの……と思いきや、案外そうでもなかったりする。「えっ、そんな由来だったの?」という用語や、外国とは呼び方が違う用語をいくつかピックアップして紹介してみたい。

ハンドル

専門用語とさえ言えないくらい身近な単語だが、クルマを運転するときに使う丸いアレをハンドルと呼ぶのは、英語圏では通じない。英語ではsteering wheel(ステアリングホイール)、または単にwheelと呼ぶ。

ガソリン

こちらも、クルマ好きじゃなくても普段から使う単語だが、国により呼び方が違う用語のひとつだ。アメリカではgasoline(ガソリン)で通じるが、イギリスではpetrol(ペトロール)と呼ぶのが一般的。トヨタのイギリス向けサイトでプリウスを検索すると、petrol hybridと表記されている。
ちなみにハイオクはpremium fuel(プレミアムフューエル)、premium gasoline(プレミアムガソリン)と呼ぶ。ガソリンスタンドで「ハイオク満タン!」と頼む際には「Fill up with premium」等、premiumだけでも通じる。

アクセル

加速するときに踏み込むペダルをアクセルと呼ぶのは、accelerator pedal(加速用ペダル)を省略したものだろう。これ自体は英語として通じないわけではないが、日常的にクルマのアクセルをこう呼ぶことはないようだ。gas pedal(ガスペダル)、または単にgas(ガス)と言えば通じる。

ウィンカー

ウィンク+erだから英語じゃないの? と思ってしまうウィンカーだが、これは和製英語。英語ではturn signal(ターンシグナル)と呼ぶ。directional indicator(ディレクショナルインジケーター)を略してdirectionalと呼んだり、blinker(ブリンカー)やflasher(フラッシャー)とも言われる。

クラクション

これはクルマ好きには有名なトリビアのひとつなので、ご存知の読者が多いかもしれない。英語ではhorn(ホーン)と呼ぶのが普通だ。日本でクラクションと呼ばれるのは、警笛メーカーのひとつであるKlaxon社の社名に由来すると言われている。

ボンネット

エンジンを覆うカバーのことを日本ではボンネットと呼ぶが、英語でbonnetと言えば婦人用の帽子を指す。クルマのエンジンを覆っているのはengine hood(エンジンフード)だ。

トランク

ボンネットとは反対側、後ろについている荷室は、日本ではトランク。しかしこれもそのまま英語では通じない。cargo room(カーゴルーム)という単語の方が一般的だ。

ルームミラー

ルームもミラーも英語なので通じそうな気がするが、これも和製英語のひとつ。英語ではrear view mirror(リアビューミラー)と呼ばれる。対してドアミラーはside view mirror(サイドビューミラー)という呼び方があるが、こちらはdoor mirror(ドアミラー)でも通じるようだ。

サイドブレーキ

こちらも、サイドもブレーキも英語なのに、通じない用語。英語ではparking brake(パーキングブレーキ)やhandbrake(ハンドブレーキ)と言う。パーキングブレーキは日本でも使われることがあるので、わかりやすいかも。

トレーラーヘッド

乗用車とは縁がない単語だが、英語とイメージが違うので取り上げてみた。トレーラートラックのヘッド部分を、日本ではヘッド、トレーラーヘッドなどと呼ぶが、これも日本ならではの呼び方。英語ではtractor(トラクター)が一般的だ。トラクターと言われると農機具を思い浮かべてしまうが、英語本来の意味は「荷物を引っ張る車両」なので、どちらもトラクターとなる。

他にも、英語としては通じないカタカナ用語が多くあるので、気になるものを調べてみると楽しいだろう。ちょっとしたウンチクとして、クルマ好き同士の会話のネタにもなるだろう。

(重森大+ノオト)

[ガズー編集部]