「美味しい」と口コミで人気を集める「トヨタ博物館カレー」とは?

愛知県長久手市にある「トヨタ博物館」は、創世記から現在までのクルマを通じて自動車の歴史を体験できる博物館。ここに、クルマ好きから密かに注目を集めているカレーがあるのをご存知でしょうか?

「美味しい」の口コミで広がった3種のカレーライス

トヨタ博物館のカレーとは、博物館内にある「トヨタ博物館ミュージアムレストラン AVIEW (アビュー)」で食べられるもので、ビーフカレー(甘口・辛口)、チキンカレー、野菜カレー、3種類があります。これが「美味しい」と、博物館来場者の口コミで広がり、クルマ好きの間で注目されるようになったのです。

一番人気はビーフカレーとのことで、早速それを注文してみました。やってきたカレーは、よく煮込まれた大きな牛肉が目立つもの。見た目にも美味しそうです。食べてみると、味は“正統派の欧風カレー”といった感じで、肉汁がカレーに染み込んでいてとても美味。煮込まれた牛肉が、口の中でとろけます。これは話題になるのも納得!

また、カレーが提供される際の紙製ランチョンマットにも注目です。AVIEWオリジナルのもので、世界の名車が描かれています。もちろん持ち帰りもOK! ちなみに時期によってデザインが異なるそうです。

トヨタ博物館に行けない人は通販で!

トヨタ博物館のカレーをさらに有名にしているのが、お土産用のレトルトカレーの存在です。AVIEWで提供するカレーの人気を受けて作られたもので、博物館内のショップではレストランで提供されているすべての種類のカレーが揃っています。

はじめは2.5人前(450g)のパックで販売していたそうですが、一人分のレトルトパックで欲しいという要望に応えて1人前(200g)を販売したところ、年間70万食を超える大ヒット商品になったそう。いずれも、パッケージには「トヨダ A型乗用車」「トヨタ 2000GT」といった、トヨタの歴史的名車がプリントされています。

値段は、1人前が432円(税込み)と、普通のレトルトカレーと比べるとちょっとお高めですが、“お値段以上”の満足度が得られることは、その人気からもわかります。また、2017年12月からは「トマトカレー」も追加されました。こちらは、トマトの酸味が食欲をそそるカレーになっているそうです。トヨタ博物館にはなかなか行けない……という方のために、レトルトカレーはネット通販も購入することができるので、気になる人は注文してみてくださいね!

▼トヨタ博物館 ミュージアムレストランAVIEW
場所:愛知県長久手市横道41−100 トヨタ博物館 本館1階
営業時間:9:30~17:00(LO/16:30)
定休日:トヨタ博物館休館日と同じ
TEL:0561-63-5155
Webサイト:http://www.toyota.co.jp/Museum/facilities/restaurant/

(取材・文:写真:斎藤雅道 編集:木谷宗義+ノオト)

[ガズー編集部]

あわせて読みたい!

  • 100年前の歴史的名車に乗れる!トヨタ博物館の「T型フォード運転講習会」
    100年前の歴史的名車に乗れる!トヨタ博物館の「T型フォード運転講習会」
  • 平成最後のトヨタ博物館 クラシックカーフェスティバル、バブル期を彩った名車が登場 11月17日
    平成最後のトヨタ博物館 クラシックカーフェスティバル、バブル期を彩った名車が登場 11月17日
  • ブラックカレーに長生きソフト! あなどれないSA・PAのユニークグルメまとめ
    ブラックカレーに長生きソフト! あなどれないSA・PAのユニークグルメまとめ
  • 納豆はホットドッグで味わう!? まだまだあるある「SA・PAのユニークグルメまとめ」その2
    納豆はホットドッグで味わう!? まだまだあるある「SA・PAのユニークグルメまとめ」その2
  • 【道-1グランプリ】全国から選りすぐられた「道の駅グルメNo.1」が決定!
    【道-1グランプリ】全国から選りすぐられた「道の駅グルメNo.1」が決定!
  • 【オートパーラー上尾】自動販売機のうどんやトーストに「昭和のドライブ」を感じる
    【オートパーラー上尾】自動販売機のうどんやトーストに「昭和のドライブ」を感じる
  • 新メニューも続々開発! オートレストラン向け食品製造の老舗「ミトミ」
    新メニューも続々開発! オートレストラン向け食品製造の老舗「ミトミ」

コラムトップ

  • コラムトップ
    コラムトップへ