5,300円でレーシングカーを体験できる!「86Racer’s」で富士スピードウェイを走ってみよう

ピットウォークやグリッドウォーク、クルマのイベントなどで、間近に見ることのできるレーシングカー。コクピットに座る機会はあっても、実際に運転できる機会はめったにありません。ところが株式会社シフト(以下:シフト)では、5,300円というリーズナブルな料金で、しかもJAFモータースポーツライセンスやサーキットライセンスを必要としない、レーシングカーの体験走行サービスを行っています。なぜ一般ドライバーを対象とした体験走行を実施しているのか、シフトの代表取締役である竹内浩典さんにお話をうかがいました。

竹内さんはスーパー耐久シリーズのほか、GT選手権にも参戦し、GT500でシリーズ優勝を果たしている
竹内さんはスーパー耐久シリーズのほか、GT選手権にも参戦し、GT500でシリーズ優勝を果たしている

多くの要望から、富士チャンピオンレース仕様86での体験走行サービスを開始

シフトはレーシングカーの製作やメンテナンス、レーシングチームの運営を行う、モータースポーツ好きにはお馴染みのレーシングガレージで、前身となった「有限会社シフト」は“優勝請負人”鈴木哲雄氏が率いる名門です。

竹内さんは、鈴木氏の手がけたレーシングカーに乗り、スーパー耐久シリーズで幾度ものシリーズ優勝、2001年にはGTカーレースのトップカテゴリー、全日本GT選手権(現在のSUPER GT)でシリーズチャンピオンに輝きました。鈴木氏の勇退後、竹内さんがシフトの取締役に就任。レースガレージ業務のかたわら、後進の育成に務める日々を送っています。

この86を製作するには、車両代別で300~350万円かかるとのこと。実績のあるレーシングガレージがキッチリと製作したことに、製作費以上の価値がある
この86を製作するには、車両代別で300~350万円かかるとのこと。実績のあるレーシングガレージがキッチリと製作したことに、製作費以上の価値がある

体験走行用に用意されているトヨタ「86」は、日本自動車連盟(JAF)の定めるN1規定に則って改造されたもの。シフトはレーシングカーのレンタル事業も展開しており、この86は富士スピードウェイにて開催される「富士チャンピオンレース86/BRZクラス」への参加を目的として製作されました。現在、5台のレンタル86が富士チャンピオンレースに出走しています。

レーシングカーのレンタル事業は「若手育成のための支援策」のほか、かつてレーサーに憧れ、しかし断念した中高年の夢を叶えるために始まりました。86の体験走行サービスも「レーシングカーに乗ってみたい」という多くの要望を受けて決定。5,300円という料金は可能な限り多くの人に乗ってもらうため、ギリギリまで抑えた設定なのだそう。

この日は3台のシフト86が体験走行を行っていた
この日は3台のシフト86が体験走行を行っていた

AT限定免許の人だってレーシングカーに乗れる!

冒頭でも記しましたが、レーシングカーの体験走行を申し込むにあたって、スポーツライセンスやサーキットライセンスは必要ありません。20歳以上で自動車運転免許を取得していれば、誰でも乗ることができます。現在、体験走行サービスに対応できる車両は5台あり、うち2台はAT仕様なので、AT限定免許の人でも申し込むことが可能です。

86のATは変速レスポンスが早く、MT感覚でシフト操作を楽しむことができる
86のATは変速レスポンスが早く、MT感覚でシフト操作を楽しむことができる

体験走行するサーキットコースは、富士スピードウェイのレーシングコース(本コース)。ペースカーの先導のもと、安全な速度で3周走行します。ドライバーのほかにもう1人、助手席に乗車できます。

JAF-N1の規定により、エンジンは通常の86と同じものを使用しているため「パワーがありすぎて扱いづらい」ということはありません。ノーマル車両との一番の違いは重量で、シフト86は120キロほど軽量化されています。サスペンションなどの足回りはしっかりとセッティングされ、軽さからくる速さと走りやすさ、そして乗り心地の良さに驚くドライバーも多いそうです。

体験走行の開催日には、コントロールセンター前に「86レーサーズ」の立て看板が立っている
体験走行の開催日には、コントロールセンター前に「86レーサーズ」の立て看板が立っている

体験走行は、富士スピードウェイ走行カレンダーの「お知らせ」欄に、「86レーサーズ体験走行開催」と記載した日に開催しています。事前の予約は必要なく、コントロールセンターで申し込みます。受付時間は11時までで、台数の上限に達したら終了。希望者の多い土日祝は早めに受付をすますか、事前にシフトへ連絡して申し込む必要があります。

一般道と同じ感覚で運転できるが、3周でも無改造車とレーシングカーとの違いは体感できる

走行後、希望するならシフト86に乗った姿の写真や、(訪れていれば)竹内さんと一緒の写真も撮影できるそう。「レーシングカーを運転してみたい」という願いを抱いている皆さん、この機会に叶えてみませんか?

(取材・文・写真:糸井賢一 編集:木谷宗義+ノオト)

<関連リンク>
株式会社シフト
http://www.shift-racing.co.jp/
富士スピードウェイ
https://www.fsw.tv/

[ガズー編集部]

あわせて読みたい!

  • 限界を超えた時のコントロールをトップドライバーに学ぶ「トヨタ レーシングドライバーミーティング」
    限界を超えた時のコントロールをトップドライバーに学ぶ「トヨタ レーシングドライバーミーティング」
  • 2,200円で本物のサーキットを走れる!富士スピードウェイの体験走行に参加してみよう
    2,200円で本物のサーキットを走れる!富士スピードウェイの体験走行に参加してみよう
  • クルマの限界を体験!一般参加できる「モビリタ」の交通安全体験プログラム
    クルマの限界を体験!一般参加できる「モビリタ」の交通安全体験プログラム
  • レクサスだけじゃない、GT-Rにパナメーラも! サーキットで働くクルマたち<富士スピードウェイ編>
    レクサスだけじゃない、GT-Rにパナメーラも! サーキットで働くクルマたち<富士スピードウェイ編>

コラムトップ

  • コラムトップ
    コラムトップへ