タクシーの主流はプロボックス? ミャンマー「ヤンゴン」のクルマ事情

みなさんは、ミャンマーと聞いてすぐにどんな国か思い浮かびますか? 今でこそ名前は変わりましたが、旧国名はビルマです。ビルマと聞けば、「あぁ、映画『ビルマの竪琴』のビルマね」となる人も多いのですが、たいてい話はそこまで。しかし、ミャンマーを訪ねて見ると、町は日本車だらけで驚きます。今回は、そんなミャンマーの大都市ヤンゴンで見た日本車事情をお届けしましょう。

タクシーはプロボックス/サクシード

日本車が多く、中でもタクシーの大半はトヨタの「プロボックス/サクシード」
日本車が多く、中でもタクシーの大半はトヨタの「プロボックス/サクシード」

ミャンマーの位置する東南アジアには、日本車が数多く走っている国が少なくありません。しかし、なぜだかミャンマーは、隣国タイやそのまた隣のカンボジアなどとは、微妙に趣が異なります。中でも、かつてこの国の首都であったヤンゴンでは、日本でいうところの「ライトバン」をよく見かけます。

その大半がトヨタの「プロボックス/サクシード」で、そのボディカラーは白が優勢。次いで「カルディナバン」です。タクシーに使われていることが多いせいか、ライフタイルを演出するようなステーションワゴンはあまり見かけませんでした。

タクシーは圧倒的に「プロボックス/サクシード」の白が多く、ほかにも「カルディナバン」や「カローラバン」などトヨタのバンが多い
タクシーは圧倒的に「プロボックス/サクシード」の白が多く、ほかにも「カルディナバン」や「カローラバン」などトヨタのバンが多い

もう一つの特徴は、日本とは逆の右側通行(左ハンドル)にもかかわらず、走っているクルマのほぼすべてが右ハンドルであること。日本から輸出されたものが大半だと思われ、室内にその痕跡がうかがえるクルマもチラホラ見かけました。また100系「マークII」や「クラウン」など、日本でしか発売されていなかったようなモデルも、普通に見かけます。

「マークII」や「クラウン」もよく見かける車種。ナンバーのサイズは日本に近い
「マークII」や「クラウン」もよく見かける車種。ナンバーのサイズは日本に近い
車内には日本で使われていた痕跡も。手帳が2011年というのがなんとも……(撮影は2019年)
車内には日本で使われていた痕跡も。手帳が2011年というのがなんとも……(撮影は2019年)

ほかの国とは違う「プリウス」事情

筆者が大きくほかの国と違うと感じたのは、「一度もプリウスを見かけなかった」という点です。プリウスは、どの国に行っても一度は見かけるワールドスタンダードな車種だと感じていたので、その姿がないのはちょっぴり新鮮な感じがしました。

今まで訪ねた国の中でプリウスに出会えなかったのは、ラオスに次いで2カ所目です。一方で、ホンダ「インサイト」はよく目にしました。これも個人的にはあまり経験のない風景です。

「プリウス」がまったくいないのに「インサイト」はたくさん。そんな国は初めてだった
「プリウス」がまったくいないのに「インサイト」はたくさん。そんな国は初めてだった

もちろんほかの日本車もたくさん見かけましたし、ヤンゴン以外の町ではその傾向は薄まりますが、それでもトヨタのバンはどこでも優勢です。右側通行なのに右ハンドルの日本車で溢れている町、それがヤンゴンでした。ちなみに電車も日本から渡った車両が数多くいます。クルマと同様に、こちらもその痕跡たっぷりでした。

ヤンゴン中央駅にて。鉄道も日本の中古車両が多い
ヤンゴン中央駅にて。鉄道も日本の中古車両が多い

右側通行なのに日本仕様の右ハンドルが多いヤンゴンの町は、どことなく残っているイギリス統治時代の風情と美しい寺院が点在している、素敵な町でした。

(取材・文・写真:高橋学 編集:木谷宗義+ノオト)

[ガズー編集部]

あわせて読みたい!

  • 海外で見かけたちょっと懐かしい日本車 ~欧州編 その1~
    海外で見かけたちょっと懐かしい日本車 ~欧州編 その1~
  • 海外で見かけたちょっと懐かしい日本車 ~欧州編 その2~
    海外で見かけたちょっと懐かしい日本車 ~欧州編 その2~
  • 海外で見かけたちょっと懐かしい日本車 ~東南アジア 昭和車編~
    海外で見かけたちょっと懐かしい日本車 ~東南アジア 昭和車編~
  • 海外で見かけたちょっと懐かしい日本車 ~東南アジア 平成車編~
    海外で見かけたちょっと懐かしい日本車 ~東南アジア 平成車編~

コラムトップ

  • コラムトップ
    コラムトップへ