「本気の軽トラ」とは?チューニングパーツメーカーが軽トラックのパーツを本気開発

「軽トラック」と言えば、日本各地の農地で愛用されている「仕事車」です。しかし、シンプルな構造とタフな造りからカスタムベースとしても近年人気が高まっています。そんな中、アフターチューニングパーツとして、メーターやスロットルコントローラーなどを開発・販売している株式会社ピボットから軽トラック向けのパーツが発売!「本気の軽トラ」と銘打ったこのアイテムたちには一体どんな狙いがあるのでしょうか?株式会社ピボットの販売企画課 課長 上木重之さんにお話を伺いました。

会社から見える景色が企画のきっかけに

株式会社ピボットが軽トラックに着目したのは会社から見える景色がきっかけとなったそうです。

「弊社は長野県松本市にあるのですが、そこでは軽トラックが多く走っています。そんな街行く軽トラックを見ていると、弊社のタコメーターの装着率が高いことに気が付きました。軽トラックのほとんどが純正でタコメーターが装備されていないのですが、『もしかしたら他の地域の軽トラックのユーザーも我々が展開しているアイテムを望んでいるのでは?』と思ったのが始まりです」(上木さん)

また、近年、軽トラックが仕事で使う「道具」に限らず、さまざまなユーザーが独自のスタイルで使っているのもきっかけとなったとのこと。

「元々仕事で使うクルマとして誕生した軽トラックですが、道具として愛着を持つユーザーも多くいます。また、近年はスキー・スノーボードやサーフィンといったレジャーユース、あえて田舎暮らしをする自然愛好家など仕事以外で軽トラックを愛用するユーザーが増えています。そのような背景を踏まえてユーザーの好みや用途に応じたカスタマイズによるオリジナリティーが求められているのではないかと考えました。」(上木さん)

実際に「本気の軽トラ」と題して、軽トラックユーザー向けにアピールしたところ問い合わせが増えたそうです。

「『ウチの軽トラはこの車種だけど装着できる?』や『どういうアイテムがいいの?』といった具体的な質問をいただくことが増えましたね」(上木さん)

軽トラックの特性を考えたアイテム展開

以前から需要があったタコメーターに加え、クルーズコントロール機能付きスロットルコントローラーもラインアップされたアイテムたち、これには一体どういう意図があるのでしょうか?

「マニュアル車が多い軽トラックですが、純正でタコメーターは装備されていません。回転を把握したいという面もありますが、タコメーターがあると走行中の視線がグッとレーシーになりドレスアップ的な要素も考えて販売しています。またクルーズコントロールは長距離移動を配慮した結果です。愛車は軽トラック1台という高齢ドライバーも多く、軽トラックでの長距離移動が少しでも楽になればと思い開発しました」(上木さん)

軽トラックでの移動をもっと楽しく快適に

最後に、今後はどんなアイテムを追加していきたいか聞いてみると、そこには軽トラックユーザーへの想いがあふれていました。

「やはり軽トラックは仕事車として毎日運転される方が多いです。そんなクルマだからこそ、運転が楽しくなるアイテムを提供できればと思っています。また、可能な限り簡単に装着できてリーズナブルなアイテムというポイントにもこだわっていきたいです。軽トラックのチープ感をカバーし、運転がより楽しくなる。そんなアイテムをこれからも造っていきます!」(上木さん)

日常の風景から生まれたアイデアである「本気の軽トラ」。そこには軽トラックでの移動が、今までより楽しく快適になるヒントがあるかもしれません。普段軽トラックを使っている人にはもちろんオススメのアイテムたちですが、これを機に次なる「遊びクルマ」として軽トラックを選択するのも面白いでしょう。

<関連リンク>
株式会社ピボット「本気の軽トラ」
https://pivotjp.com/lp/keitora/

(取材・文:西川昇吾 写真:株式会社ピボット 編集:奥村みよ+ノオト)

[ガズー編集部]

あわせて読みたい!

  • 線路を走る軽トラックが登場!どこで活躍する?
    線路を走る軽トラックが登場!どこで活躍する?
  • 軽トラが二足歩行!? 変わり種クルマが続々登場「全日本模型ホビーショー」
    軽トラが二足歩行!? 変わり種クルマが続々登場「全日本模型ホビーショー」
  • 【スズキ スーパーキャリイ 試乗】「農家の味方」はなかなか快適でござる…中村孝仁
    【スズキ スーパーキャリイ 試乗】「農家の味方」はなかなか快適でござる…中村孝仁
  • 12台入りBOXも発売予定!人気を博したカプセルトイ「1/64 サンバーコレクション」の魅力とは?
    12台入りBOXも発売予定!人気を博したカプセルトイ「1/64 サンバーコレクション」の魅力とは?

コラムトップ

  • コラムトップ
    コラムトップへ