「レギュラー」と「ハイオク」はなにが違う? カーライフで知っておきたいガソリンの種類と使い分け

クルマを使ってガソリンが減ると、ガソリンスタンドへ行って給油が必要です。日本のガソリンには「レギュラー」と「ハイオク」の2種類があるので、レンタカーなど借りたクルマにはどちらを入れるべきか悩んだことがある人もいるかもしれませんね。ところで、レギュラーとハイオクは何が違うのでしょうか?

両者を分けているのはガソリンの規格のひとつである「オクタン価」の違いです。オクタン価とはガソリンの発火しにくさのことで、オクタン価が高いほど“燃えにくい”ガソリン。

日本工業規格(JIS)の規定ではオクタン価“89以上”のガソリンを「レギュラー」とし、さらに高い値の“96以上”は「ハイオク」となります。ハイオクとはオクタン価が高いことを意味する「ハイオクタン」の略といえば、わかりやすいかもしれませんね。ハイオクの単価は一般的にレギュラーよりも1リッターあたり10円程度高いことが多いようです。

ハイオクガソリンにはどんなメリットがあるの?

では、高価なガソリンであるハイオクを使うメリットはどこにあるのでしょうか?
最大の理由はエンジンの性能を引き出せること。発火しにくい燃料を使うほど「ノッキング」と呼ばれるエンジン内の異常燃焼が起きにくく、エンジンの性能を高められるのです。少し難しい話になりますが、発火しにくい燃料を使うことで圧縮比(上げると爆発力を高められる)の高いエンジン設計としてもノッキングが起こりにくく、より多くのパワーを得られるというわけです。スポーツカーや高出力エンジンを搭載するクルマにハイオクガソリン指定が多いのはそのためです。

欧州車はどうしてハイオク指定なの?

欧州車に接したことのある人は「特別に高性能なエンジンを積んでいるクルマじゃなくてもハイオク指定なのはどうして?」と疑問を感じたかもしれません。確かに欧州車はほとんどがハイオク指定ですが、その背景には日本と欧州のガソリン規格の違いがあります。

日本のレギュラーガソリンは「89オクタン以上」という規定になっていますが、欧州のレギュラーガソリンは一般的に「95オクタン以上」。そのため日本のレギュラーガソリンでは欧州車のエンジンに適合できず「ハイオク指定」となっているのです。

一方で、同じ輸入車でもアメリカのクルマは「レギュラー指定」となっていることも。これはアメリカで販売されているレギュラーガソリンのなかに日本と同程度のオクタン価のものがあり、それを使うことを前提にエンジンが作られているからです。

どちらのガソリンを入れるべきか迷ったら……?

もしもレンタカーや代車などでどちらのガソリンを使うか迷ったら、給油の際に給油口のリッド(蓋)の裏をチェックしてみましょう。ハイオク指定の場合は「ハイオク」もしくは「プレミアム」というシールが貼られているか、その旨を書いた注意書きが貼付されているはずです。

レギュラー仕様車は「レギュラー」と書かれていることもあるし、何も書いていないこともあります。それでもわかりにくければ、取扱説明書を確認。明記されているはずです。

ハイオク仕様車にレギュラーを入れてもいいの?

基本的にはハイオク仕様車にはレギュラーガソリンを入れてはいけません。なぜなら、指定ガソリンの規格に合わせたエンジンとしているので、異なるガソリンを入れると性能が低下するどころか、エンジンが壊れる原因にもつながるからです。特に輸入車や超高性能エンジンは厳禁です。

日本メーカーのハイオク仕様車の場合、かつては超高性能エンジン車を除き「出力や燃費は低下する可能性があるがレギュラーガソリンも使用できる」とカタログや取扱説明書に書かれていました。そう記載されている場合はレギュラーガソリンも使えます。エンジンに、ガソリンのオクタン価を検知し、レギュラーガソリン使用時はそれに対応して点火時期を遅くするなどの制御する機構が組み込まれていて、エンジンを保護するからです。

しかし近年は日本メーカーのハイオク仕様車でも取扱説明書などからその記述がなくなっているので、国産車でもハイオク指定車は必ずハイオクガソリンを使いましょう。燃料は、指定燃料を使うのが前提です。

実は違う種類のガソリンも売っている!?

かつては「ハイオクガソリン」が「プレミアムガソリン」と呼ばれることがありました。それは単にオクタン価が高いだけでなく、エンジン洗浄剤を添加するなどの「付加価値(プレミアム)」がついていたからです。しかし今では、ハイオクガソリンでもごく一部の銘柄(Shell V-Power)を除き洗浄剤は配合されていないようです。

ここからは余談ですが、ガソリンスタンドではハイオクやレギュラーのほかに、違うタイプのガソリンを扱っていることをご存知でしょうか。それは「混合燃料」と呼ばれるもの。2サイクルエンジン用の、ガソリンにあらかじめ潤滑油となるオイルを混ぜた燃料です。農業機械などに使われます。

知っているようで知らないガソリン事情。レギュラーとハイオクの違いをしっかり理解し、指定燃料の確認方法を知れば、どちらを入れるべきか迷うこともなくなることでしょう。

(文・写真:工藤貴宏 編集:奥村みよ+ノオト)

[ガズー編集部]

あわせて読みたい!

  • ガソリンスタンドのアレコレがわかる。「タツノ」の横浜工場ショールームに潜入!
    ガソリンスタンドのアレコレがわかる。「タツノ」の横浜工場ショールームに潜入!
  • ガソリンスタンドで見かける「静電気除去シート」って、なんだ?
    ガソリンスタンドで見かける「静電気除去シート」って、なんだ?
  • ガソリンスタンドとどう違う? LPGを補給する「オートガススタンド」
    ガソリンスタンドとどう違う? LPGを補給する「オートガススタンド」
  • 乗り込む前にはしっかり換気を!夏だから知っておきたいエアコンの快適な使い方
    乗り込む前にはしっかり換気を!夏だから知っておきたいエアコンの快適な使い方

コラムトップ

  • コラムトップ
    コラムトップへ