【動画】レクサス LC500 試乗インプレッション 試乗編

乗用車モデル世界初の10速AT。エンジン回転数がアップダウンしても、常にトルクが盛り上がり始めていくような感覚。
走行モードをスポーツに設定すると、より迫力があるようなエンジン音になってくる。
マニュアル操作してみると、2速、3速ともにそれぞれを使い分けて回転合わせをしてくれる。シフトダウンやシフトアップ時のエンジンサウンドは感性を刺激するような演出がなされている。

ステアリングの操舵感は、とてもスムーズに感じられ、適度な手ごたえがあり、操作に対して正確に反応していく。
サスペンションは、スムーズにストロークして、走行中やコーナリング中、4輪がバランスよく路面に接地している実感が出来る。

(解説:モータージャーナリスト・萩原秀輝)​

MORIZO on the Road