トヨタ、ピクシス メガを一部改良 ― 歩行者も検知対象とする衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を設定 ―

トヨタは、軽乗用車ピクシス メガを一部改良し、全国のトヨタカローラ店、ネッツ店ならびに、軽自動車市場比率の高い地域で取扱希望のあった一部のトヨタ店、トヨペット店を通じて、2018年1月8日に発売します。

Gターボ “SAⅢ”レジャーエディション*1 “SAⅢ” (2WD)
Gターボ “SAⅢ”レジャーエディション*1 “SAⅢ” (2WD)

今回の一部改良では、歩行者も検知対象とする緊急ブレーキ機能や夜間での歩行者の早期発見に貢献するオートハイビームなど、先進安全機能を進化させた衝突回避支援システム「スマートアシスト*1Ⅲ」を標準装備*2しました。装着車は、経済産業省、国土交通省など政府が官民連携で推奨する安全運転サポート車*3のうち高齢運転者に特に推奨する「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」の「ワイド」に相当します。さらに、駐車時などに左右後方の障害物をブザー音で知らせるリヤコーナーセンサー*2を追加するなど、安心な装備も充実させました。

ピクシス メガは、軽乗用車トップレベルの室内高1,455mm、5ナンバーミニバン並みのアイポイントなど、「広々とした室内空間」、「フレキシブルなラゲージスペース」、「視界の良さ」で、お客様のさまざまな生活シーンで活用いただいています。

  1. *1
    ダイハツ工業(株)の登録商標
  2. *2
    除く「D」グレード
  3. *3
    自動ブレーキ搭載車を「セーフティ・サポートカー(通称:サポカー)」、さらにペダルの踏み間違い事故防止機能などの搭載車を「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」とし、高齢者を含む全ての運転者へ推奨している。「サポカーS」は自動ブレーキの機能に応じて3つに分類されており、「ワイド」は自動ブレーキ(対歩行者)、ペダルの踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、自動防眩型前照灯などの先進ライトを搭載するクルマをいう

フォトギャラリー

  • スマートアシストⅢ  衝突警報機能/衝突回避ブレーキ機能 (対車両、対歩行者)
    Gターボ“SAⅢ” レジャーエディション“SAⅢ”(2WD)
  • スマートアシストⅢ  衝突警報機能/衝突回避ブレーキ機能 (対車両、対歩行者)
    スマートアシストⅢ 衝突警報機能/衝突回避ブレーキ機能 (対車両、対歩行者)
  • コーナーセンサー(リヤ2個)
    コーナーセンサー(リヤ2個)
  • ラゲージスペース (通常モード)
    ラゲージスペース (通常モード)
  • ラゲージスペース (アンダートランク一体モード)
    ラゲージスペース (アンダートランク一体モード)
  • ラゲージスペース (二段積みモード)
    ラゲージスペース (二段積みモード)

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road