トヨタ、プリウスPHVにサポカーS<ワイド>の特別仕様車を設定

トヨタは、プリウスPHVに特別仕様車S“Safety Plus”、S“ナビパッケージ・Safety Plus”、 A“Utility Plus”を設定し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、2018年1月8日に発売します。

プリウスPHV 特別仕様車 S“Safety Plus”
プリウスPHV 特別仕様車
S“Safety Plus”

今回の特別仕様車は先進の安全機能「インテリジェントクリアランスソナー」を特別装備*1し、衝突回避支援システム「Toyota Safety Sense P」とあわせ、セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS) *2の<ワイド>に相当しています。

特別仕様車S“Safety Plus”、S“ナビパッケージ・Safety Plus”は「S」をベース*3に、駐車場などにおけるアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する先進の安全機能「インテリジェントクリアランスソナー」、スイッチを押すだけで駐車スペースを判断し駐車のアシストを行う「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」を特別装備しました。さらにS“Safety Plus”は、外出先でも短時間で充電可能な急速充電インレット、後退時にバックカメラによる後方映像の画面表示を可能にするナビレディセット*4を特別装備、S“ナビパッケージ・Safety Plus”は、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、ヴィークルパワーコネクター付)、ETC2.0ユニットを特別装備し、それぞれ利便性を高めています。
特別仕様車A“Utility Plus”は「インテリジェントクリアランスソナー」、「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」を標準装備した「A」をベースに、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、ヴィークルパワーコネクター付)、ETC2.0ユニットを特別装備し利便性を高めました。

また、すべての特別仕様車において、ステアリングとシフトパネルをブラック加飾することで、上質な室内空間を創出しています。

  1. *1
    A“Utility Plus”は標準装備
  2. *2
    経済産業省、国土交通省など政府が官民連携で推奨する安全運転サポート車のうち、高齢運転者に特に推奨されているクルマ。自動ブレーキ搭載車を「セーフティ・サポートカー(通称:サポカー)」、さらにペダルの踏み間違い事故防止機能などの搭載車を「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」とし、高齢者を含む全ての運転者へ推奨している。「サポカーS」は、自動ブレーキの機能に応じて3つに分類されており、「ワイド」は自動ブレーキ(対歩行者)、ペダルの踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、自動防眩型前照灯などの先進ライトを搭載するクルマをいう
  3. *3
    “ナビパッケージ・Safety Plus”はS“ナビパッケージ”の装備を加えた仕様
  4. *4
    販売店装着オプションのナビゲーションを装着した場合に操作可能

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road