TOYOTA GAZOO Racingがコンセプトカー「GRスーパースポーツコンセプト」を発表

2018年1月12日(金)、東京オートサロン2018(幕張メッセ)のTOYOTA GAZOO Racingブースにて、WEC(世界耐久選手権)に参戦しているレースカー「TS050」の技術をフィードバックしたロードゴーイングカー、『GRスーパースポーツコンセプト』が初公開された。

GAZOO Racingカンパニー・プレジデントのトヨタ自動車 友山茂樹副社長の発表によると、車両は熱効率50%を実現している超高効率マシン。主要動力であるハイブリッドシステムはWECのレース現場で鍛えられた技術を元に開発されており、今後さらなる効率アップを目指しているという。実際に我々がドライブできるのはまだ先になる予定だが、レースカー譲りの走行感は非常に興味深い。

最後に、友山副社長から「クルマの電動化・IT化が進む中であっても、決してコモディティ化はしない。次の100年も徹底的にクルマを面白くする」という力強いメッセージが伝えられた。
今後もTOYOTA GAZOO Racingから目が離せない。

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road