走りと移動の新境地! 新型車「グランエース」が提供する上質感と快適さ

東京モーターショー2019でトヨタ車体ブースに展示され、注目の新型車の1台として多くのメディアで取り上げられた、トヨタ自動車の新型車「GRANACE(グランエース)」。

海外で発売されているハイエースをベースにしたグランエースは、東京モーターショー2019では「『でかっ』という第一声が多かった」という全長5,300mm、全幅1,970mmの圧倒的な車体の大きさに注目が集まっている。しかし、事前に取材、試乗する機会を得た筆者が感じたグランエースの真価は、「上質な走り」や「6人乗りプレミアムグレードの3列目の快適さ」、「全席での見通しの良さ」など、これまでのミニバンや移動車両の常識を覆すものを多数実感することができた。

グランエースは室内長3,290mm、室内幅1,735mm(アルファード3.5L Exective Lounge Sは3,210mm/1,590mm)とゆとりのあるスペースに6人乗りの3列シートと8人乗りの4列シートが設定されている。
グランエースの主な用途の一つは、法人や海外のVIPに上質な移動空間を4人同時に提供できることであり、メイングレードは3列シートの「Premium」となるだろう。
2列目、3列目には独立式のエグゼクティブパワーシートが4席配置され、スライド、リクライニング、オットマンなどが電動で、そのシチュエーションに応じた快適な姿勢で移動を楽しむことができそうだ。
もちろん、快適温熱シート、格納式テーブル、読書灯、USBポート、各席専用バニティミラー、車内12個のスピーカーなど、たくさんの快適設備が採用されている。

一方、8人乗りの「G」グレードは、2列目にエグゼクティブパワーシート、3列目にはレバー操作式のキャプテンシート、4列目にはワンタッチで座面が跳ね上がる6:4分割チップアップシートが採用され、広用途での活用が期待されそうだ。

エンジンは直列4気筒2.8Lクリーンディーゼルターボ(最高出力177PS/最大トルク46.1kgf・m)を搭載している。現行の200系ハイエースは、前席シートの下にエンジンがあるが、グランエースはフロントのセミボンネット内に収められ、静粛性に効果の高いサンドイッチ鋼板の隔壁を設けている。実際に、運転席ではアクセルを多めに踏み込むとディーゼル独特のエンジン音が伝わってくるが、後席では気にならない程度にまで抑えられている

グランエースは大柄な車体に加え、角張ったボディ(角に丸みがあると面剛性を出しやすい)、100mmのスライドドアの厚みと1,000mmの開口部、さらにルーフ付近まで広がっているサイドウインドウなど、剛性にとっては非常に厳しいデザイン、構造となっている。 そこで、フロアはサイドメンバーをストレートに通すストレートラダー構造で、フロア面のねじれ剛性を確保。さらに、各ピラーをアンダーボディと結合した環状骨格構造を採用し、高剛性化を実現している。

また、足回りはフロントがマクファーソンストラット式、リアはトレーリングリンクアーム車軸式を採用しており、さらにトヨタ車体が有する豊富な経験と試行錯誤により、ショックアブソーバー最適化の努力が感じられる。

  • ストレートラダー構造
    ストレートラダー構造
  • トレーリングリンク車軸式リヤサスペンション
    トレーリングリンク車軸式リヤサスペンション

こうした通常ではネガティブな要素を一つ一つ、そして全体のパッケージとして丁寧に開発が進められ、2,700kg台の車重と商用車のハイエースがベースであることからは想像できないほど運転のしやすさと、ある種の軽やかさも感じることができる。

グランエースは、アルファードやノアなどのミニバンとは異なる後輪駆動を採用している。ゼロからのスタートでは車重を感じさせるものの、少し動き始めるとスムーズな加速感が得られる。
左右のハンドリングでは、剛性の高いシャシー、ボディのおかげで、長い車体のわりに後ろが遅れてくることがない。多めに確保されているストロークが、速度域により適切なロール感で、スムーズに曲がることをフォローしてくれている。
サスペンションが細かく動き、路面との追従性もいいため、ガタガタ道でもお尻がシートから跳ねてしまうような突き上げは感じられない。

ブレーキの効きもよく、常用のスピード域からは思ったような減速が得られ、減速時時にフロントが大きく沈み込むことがないことも、ハンドリングに安心感を与えてくれている。

さらに、ホイールベースが3,210mmあり、アルファードの3,000mmよりも長いのだが、ハンドルの切れ角が45度もあることで、アルファードよりも小さい、5.5mの最小回転半径(アルファード3.5L Exective Lounge Sは5.8m)を実現している。
実際に運転していると、まだ切れるのかというほどに切り込んでいくことができ、運転している感覚としては後輪を中心にクルクルと回っているような感覚にさえなってくる。これであれば、この大型な車体ながら多少狭い立体駐車場などでも駐車や切り替えしが行えそうだ。

エクステリアは、「モデルライフが長いため派手になりすぎず、落ち着いた存在感があって飽きのこない日本車らしいデザインを目指した」(石川拓生チーフエンジニア)という通り、存在感のあるグリルとヘッドランプに、金属調の加飾が程よく配置されている。
リアのコンビネーションランプも、大型でありながら直線基調で、時代を超えて存在感のあるデザインになっていると感じる。

ただし、リアのドアが大きく、開けた際は重くて女性などでは届きづらいため、上級の送迎車両であることを考えると、電動での開閉スイッチなどは欲しいところだ。

またサイドのデザインはシンプルでありながら特徴的なのはサイドウインドウの大きさだろう。運転席、助手席のウインドウは前方が下がり斜め前方を確認しやすくしている。新開発の縦型ミラーも見え方や取り付け位置などにこだわった仕様となっている。
後席のウインドウはルーフ近くのぎりきりまで伸ばすことで、後席からの見晴らしの良さを確保している。

グランエースは、室内高1,290mmが確保されており座っている姿勢においては十分な余裕があるが、後輪駆動車であるために床面が前輪駆動車のミニバンより高くはなっている。
ただ、逆に床面が高いことにより、サイドウインドウの下枠が乗員の肩よりも低い位置にくることにより、開放感があり、外の景観が楽しみやすいメリットともなっている。
これは、乗ってみるとかなり実感できることであり、海外のVIPが来日した際、日本の景観を十分に楽しんでもらえる、そして開放感があることで、窮屈さを感じさせないなど、グランエースにとっては非常に重要な要素だといえるだろう。

最先端の安全機能、第2世代のトヨタセーフティセンス(TSS)も標準で装備されている。一世代前のTSSは、ミリ波レーダーと単眼カメラによる検知対象が日中の歩行者のみであったが、最新のTSSでは、夜間の歩行者や日中の自転車などに対してもプリクラッシュセーフティシステムが作動し、自動ブレーキで被害を軽減することが可能となっている。
大型な車両のため、リヤクロストラフィックオートブレーキやリヤクロストラフィックアラートなども非常に心強い機能だ。

もちろん、スマートフォンと連携可能な8インチのディスプレイオーディオや専用通信機(DCM)など、車内で利用可能な充実の先進装備を標準搭載している。
標準機能ではSmartDeviceLink(TM)に対応し、T-Connectサービスのエントリープランで、ヘルプネット(エアバッグ連動タイプ)やeケア(走行アドバイス)などが利用可能だ。
さらに、オプションでApple CarPlayやAndroid Auto(TM)も利用が可能で、従来通りの車載用ナビ機能を利用したいお客様には、T-Connectナビキットも用意(オプション)されている。

今回グランエースのチーフエンジニアインタビュー、試乗、車両取材を通じて、これまで日本にはない新しい市場開発を目的とした車両でありながら、乗用車、商用車双方の経験を十分に活かしながら、より快適な走りのために原理原則に立ち返り、乗車する人の気持ちに立った“おもてなし”精神で車両の開発、製造が進められたことが強く感じられた。
国産のワゴンやミニバンに比べ価格は高く設定されているものの、既存の車両で同じコンセプトの車両を作り出すことはできないだろうし、架装、チューニングを考えると魅力的な価格にも思えてくる。

筆者も、お財布事情と駐車スペースが許すならば本気で購入を検討したいと思える一台である。

<関連リンク>
トヨタ自動車 グランエース
https://toyota.jp/granace/

【販売概要】
販売店:全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店、ならびにトヨタモビリティ東京株式会社

メーカー希望小売価格

(単位 : 円)
グレード 定員(認) 駆動 エンジン トランスミッション 価格
(消費税込み)
G 8 2WD(FR) 1GD-FTV
[直噴ディーゼルターボ]
(2.8ℓ)
6 Super ECT 6,200,000
Premium 6 6,500,000

6 Super ECT:スーパーインテリジェント6速オートマチック
*北海道、沖縄のみ価格が異なる。価格にはリサイクル料金は含まれない

フォトギャラリー

  • ブラック〈202〉
    ブラック〈202〉
  • ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉
    ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉
  • グレーメタリック〈1G3〉
    グレーメタリック〈1G3〉
  • シルバーメタリック〈1F7〉
    シルバーメタリック〈1F7〉

執筆:山崎リク

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road