シエンタのうれしい機能⑥ 3列目シート簡単収納

シエンタの便利さを際立たせるのが、3列目シートのダイブイン機構。室内最後部に位置する3列目シートは、折り畳んで、2列目シートの座面の下に収納することができるのです。 操作は簡単。2列目シートを前転(タンブル)させたあとで、3列目シートの背もたれを倒し、さらに3列目シートの後部にあるひもを引きながら、前方へと落としこむだけです。 最後に前転させた2列目シートを元に戻すと、その後方にあった3列目シートはなくなり、代わりに広いラゲージスペースが現れる、というわけです。シエンタは3列シートのミニバンですが、このように3列目シートを格納して、広い荷室を持つ2列シートのクルマとして使うこともできます。

3列目シートのダイブイン機構

3列目シートは2人掛けのベンチタイプ。それぞれが独立していて、別々に格納することができます。

ダイブイン機構の操作は簡単で、大きな力は不要です。2列目シートをタンブルさせてから、3列目シートの背もたれを、肩の位置にあるノブを引いて倒します。

3列目シートの後部にあるひもを引いてロックを外し、シート全体を軽く持ち上げながら前方へと移動させます。

畳んだ3列目シートが前方の定位置におさまったら、あとは2列目シートを戻すだけ。

ダイブイン完了です。3列目シートを格納すると、後方には広いラゲージスペースが出現。2列目までにみんなで乗って、後ろにはたくさん荷物を積んで、いざ出発です。

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road