「修復歴あり」ってどういう状態を指すの?

中古車を購入するとき、クルマの状態を判断する大きな基準のひとつが「修復歴」があるかどうかではないでしょうか? しかし修復歴と言っても、どこをどのくらい修理していたら「修復歴あり」となるのかしっかり把握されていますか? 今回は意外と知らない修復歴についてご説明します。

修復歴に該当するのはクルマの骨格にあたる部分

一般財団法人日本自動車査定協会が示す修復歴判断基準によると、

以上の9カ所の骨格部位に損傷があるもの、または修復、交換されているもの(ラジエターコアサポートのみ、交換されており、かつ隣接する骨格部位に曲がりやへこみ、修理跡があるもの)が「修復歴あり」となります。ただし、骨格は溶接接合されている部分のみとし、ネジ止め部分は骨格部分に該当しません。

つまり、走行に影響を与えるクルマの骨格部分にダメージが及び修復したクルマを「修復歴あり」とするわけです。ただし、修復の程度によっては該当しない部分もあり、この場合は骨格に影響なしと判断されます。ですから、ちょっとバンパーをこすって修理したとか、ドアをへこませてしまって交換した、という場合は「修復歴あり」とはなりません。

では、「修復歴あり」ってダメなの?

もちろん修復歴がないに越したことはありませんが、最近は修復技術も上がっておりオートオークションなどで流通している「修復歴あり車両」は走行に問題がないものがほとんどです。当然、修復歴がある方が安い価格で流通しているため、あえて修復歴ありを狙うのも選択肢のひとつ。場合によっては、上のグレードのクルマが狙える場合もあります。

残念ながら、中には粗悪な修復が施されたクルマもありますが、そういったクルマは意外と専門知識がなくても違和感があるはず。遠目に見てみてなんとなくゆがんでいるとか、試乗してみておかしいな? というクルマは購入せずに見送ったほうが賢明です。中古車も賢く選んで楽しいカーライフを送りましょう!

(小鮒康一/テヌール+ノオト)

[ガズー編集部]

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス